2012/06/06

金星の日面通過 2012年6月6日

nitimenntuuka.jpg
105年後に見られるという、人生最後の金星の日面通過を栃木県足利市でも観測することができました。

先日の金環食は、祈りがかなって無事見ることができたのですが、今回のこの天体ショーはもう生きているうちには
世界中どこに行っても見ることのない天体ショーでした。

6/6の栃木の天気は雨・・・

もちろん太陽が出ている場所すら分かりませんでした。

しかし、神様が少しだけ・・・

雨が降っているにもかかわらず日差しが!!

あわてて、日食グラスで確認しても、雲がかかっていてよくは見えませんでした。

写真に記録してみましたら・・・


映っていました。

その後双眼鏡でも(手前にフィルターを付けての観測直視は絶対にしないでください)金星が太陽を横切っていく様子が本当にほんの少しだけの時間見ることができました。

nitimenn.jpg

また、終わり間際にも雲の切れ目から太陽がでてきて

こちらは少し倍率をあげて撮影に成功です。

双眼鏡で見た、金星はまさに宇宙にぽかりと浮いているイメージがわきました。


ちなみに水星も同じような現象が起きてもおかしくないですが、地球から遠すぎて丸い点が見えないのかな?

調べてみたらやっぱりあるんですね水星の日面通過

20年後に条件は悪いとは言え見られますね。太陽の1/200ですから、肉眼での観測は無理見たいで・・・

宇宙って、私が死ぬまでには一般の人間も自由に行けるようになるのかな?

天文年間




今年の、天文年間ガイドブックは購入して記念に保管して置くかな?
1,050円でいろいろな宇宙の事がわかっちゃうおすすめのガイドブックですよ^^