2013/05/30

5/31 スカイツリーにテレビ電波移行 電波障害なぜなぜ気になる

明日5/31はついに東京タワーからのテレビ電波がスカイツリーに移行する
歴史的な日になります。

テレビ電波は昭和34年に333mの東京タワーから発信されて、ついに東京タワーの発信が明日の9時で終了

ついに634mのスカイツリーから発信になります。

もちろん電気屋さんは東京タワーの電波には助けていただきましたが東京タワーの電波を
栃木県で受信するということで、電気店の皆様はご苦労があったと思います。

当店でも、アナログ電波の時には2階の場合は4mパイプ2本立て 1階では4mパイプ3本立てと危険の伴う工事を
数多くこなしてきました。

現在の、デジタル放送に変わってからはそのようなVHF受信からUHF受信に変わってかなり電波障害は減りました。

しかし、東京タワー~スカイツリーにに発信移行すると、映らないテレビがたくさん出てしまいます。

それだけ高い電波塔からの発信移行なら、みんなきれいに受信できるんじゃない?

スカイツリーからのテスト送信を1年もかけて行ってきたのはそのため・・・

なぜ?

電波の発信は出来るだけ省電力がいいですね。
そのためにスカイツリーの発信器は40個2段の筒状のもの4個で出来ています。
360度方角によって出力を変えます。

東京の南は海ですから、低出力で大丈夫!
逆に北は私の住む栃木や群馬まで届くように高出力で発信します。

ただし、高出力で電波出してしまうとスカイツリー近辺の住宅は

電波が強すぎて映らなくなるという症状が出ます。
そう、電波は強すぎても受信障害が出てしまうのです。

この問題を、無料にて受信対策センターで行ってきてほぼ完了になったということです。

簡単に、電波発信塔を変えるというわけにはいかなかったのですね。

明日からはスカイツリー 一本で発信になるのでまだまだ問題が起きる場合もあります。

逆に今までは、受信がどうしてもできなかった場所
受信できるようになる地域もかなり増えます。

当店では、受信レベルが低く、時折ノイズが出たり 映らないチャンネルがあったお宅

明日から、症状確認と調整訪問を行っていく予定です。

また、スカイツリーに変更したら、今まで見られたのに映らないという方!

スカイツリー移行推進センターで無料にて対応していますのでそちらにお電話してみてください。


スカイツリー移行推進センターはこちら

当店では、スカイツリー電波になって
皆様の地区で皆様平等にテレビの受信ができるお手伝いをしていきたいと思っております。

コメント

非公開コメント