2013/06/24

栃木百名山 庚申山 1892m制覇! 可愛いコウシンソウ 

P1040897_R.jpg

特別天然記念物のコウシンソウが咲いているという情報をもとに
足尾にある庚申山に行ってきました。
食虫植物のコウシンソウは、盗掘する登山者もおり、マナーの守れない一部の登山家によりまたは環境の変化により

絶滅危惧種にも

2013年6月24日 7:30出発 16:10終了
気温 13度~20度
天気 快晴のち曇り
風なし
雪なし
装備 ザック・オスプレイ35リッター
   長袖一枚ファイントラックと半袖一枚モンベル
   インナーファイントラック
   ファイントラック ストームゴージュ
   水3000ccポカリペットボトル500cc
   おにぎり2個スパゲッティーナポリタン1個
   ガスバーナー&シェラカップ300cc
   手袋
   タオルとティッシュ
   バンダナ(日よけ)
   デジイチカメラ
   ヘッドライト 
   レインウェアー
   ipad2(地図・ログ用)
   ログ・iphoneアプリ DIYGPS
地図ソフトカシミール3Dマップカッター

はたして、危険な絶壁に咲くと言われるコウシンソウに出会うことはできたのか・・・

気になる方は・・・

P1040768_R.jpg
足尾銅山で有名な足尾からの入山になります。

銀山荘・かじか荘の周辺に駐車場がたくさんあります。
手前にある銀山荘なら、余裕を持って駐車できました。

奥の備前楯山方面の分岐にも停めることが可能ですが路上駐車になりますのでお気を付けて。

今回は友人と奥と私の三人でワンコはお留守番になります。

しばらくは歩道を歩いていきます。
P1040774_R.jpg

天狗の投げ石
昔ここに御城でも作ろうとしたのでしょうか?

それほど綺麗に揃った石が右側に並んでいます。

P1040775_R.jpg
林道も緑の中本当に囲まれて、川のせせらぎも心地いい

P1040776_R.jpg
1時間ほど歩くと、ここからが本番

一の鳥居に到着です。
ここまでが、林道ですね。
神の宿る信仰深い山に入ります!


P1040792_R.jpg
登山の途中にはこのように綺麗な説明の看板が多数あるので見ていて飽きがきません。

P1040796_R.jpg
変わった岩のあり、これが、夫婦蛙の石だそうです。


P1040949_R.jpg


1時間ほど歩くと
日光開山 勝道上人の碑がありました。

P1040801_R.jpg


その隣には・・・

P1040950_R.jpg

青銅の剣がありました、皇海山の山頂手前にも同じ青銅の剣がありました。

P1040806_R.jpg
庚申山荘に到着です。ここから六林班と庚申山その先皇海山に向かいます。

P1040805_R.jpg
山荘にはトイレがありました。
チップで入ることができますので女性の方の味方ですね。

また、皇海山のように長い山道になる場合はここを拠点に山歩きをしても良いですね。
P1040814_R.jpg
庚申山荘の裏には綺麗なクリンソウが群生していました。
P1040819_R.jpg

庚申山荘から庚申山に向かう途中は、本格的な急な登りです。
こんな感じの大きな岸壁が其処らじゅうに出てきます。

こんな危険な場所にコウシンソウは咲くそうです。
途中登山道ではない場所にも踏み跡があり何コースか行ってみましたが、どもにも咲いていないし・・・

P1040838_R.jpg


この花は違うし・・・
でも綺麗。

P1040841_R.jpg

カラマツソウはいたるところで見かけられます。
コウシンソウは、ないみたい・・・

そこで降りてきた人に聞いてみると、この先で咲いているとのこと・・・

詳しく場所を聞き先を急ぎます。

P1040833_R.jpg

1700m付近はこんな感じで山々を見ることができます。
山のど真ん中って感じですね。

P1040842_R.jpg

一の門です。
落ちてきそうな大きな岩

P1040845_R.jpg
御山巡りコースと庚申山の分岐です。
山頂までは700mです。

ここからも急な斜面です。


ここから300m程登ると・・・

P1040854_R.jpg
脇道があり、何やら花が咲いています。

コウシンソウはここに咲いているということです。

良く見ると
P1040862_R.jpg

あった!
国の天然記念物のコウシンソウ

写真や話では聞いていましたが、本当に小さい花ですね・・・P1040864_R.jpg

コウシンコザクラに紛れて、いっぱい咲いている

P1040888_R.jpg
食虫植物ですので茎と葉の表面が粘着して虫が逃げられない・・・
小さな黒い虫が何匹か・・・

P1040874_R.jpg

指で比較小さいです。

P1040882_R.jpg

可愛い花ですね。
茎のS字が特徴的ですので、ここを見て探すと見つかりやすい・

P1040881_R.jpg

コザクラも綺麗ですよもちろん
あっという間に時間が経過してお腹も減ってきました。

せっかくここまで来たのですから庚申山山頂に向かいます。

P1040894_R.jpg
雲もありましたが、袈裟丸の山々がみえます!

登山開始4時間で!!!


P1040897_R.jpg

栃木百名山 庚申山 1892m制覇! 
昼食は山頂ではなくもう少し先に行った・・・

P1040903_R.jpg

日光連山が見える展望台で・・・
山頂からわずか5分先ですね。

ここからの景色は・・・

P1040902_R.jpg

以前登った鋸山や日本百名山である皇海山の優美を見ることができる。

この先まで歩く健脚が欲しいと思いますがまだまだ修行が足りませんね。

ここで昼食!
40分ほどのんびりして、今日もメインであるコウシンソウを今一度・・・

P1040912_R.jpg
別の場所にも群生していました。
こちらも綺麗でした。

さて、帰りはピストンでもよいのですが御山巡りが気になる。

ということで・・・

P1040917_R.jpg
怖いいですが、先に進むと
分岐地点に・・・

P1040919_R.jpg
もちろん先に進みます。

P1040927_R.jpg
足元を一歩一歩確認しながら歩きます。
メガネ岩がありました。
有名ですここ

P1040943_R.jpg
下りにくいはしごは苦労しました。

P1070720_R.jpg

固定されていないハシゴを登ったり・・・

P1070726_R.jpg
幾度となく橋を渡り・・・

P1040940_R.jpg
こちらのコースにも咲いていた コウシンソウ

コースは危険で足元を撮られると滑落の恐れあり
また落石も可能性があるので 頭上に注意

P1070714_R.jpg
ホントに怖かった
体力が無くなってきたところでこの下りは危険かもしれません
御山巡りがメインの方は先にこちらのコースを回りましょ

P1040930_R.jpg
いろいろ楽しませてくれて・・・

P1040924_R.jpg

こんなところも潜ります。

そして、



P1040947_R.jpg

宇都宮大の合宿所
ここまでくれば一安心です。

あとは来た道を戻るだけです。

足がすこし、笑い始めた頃・・・

P1070730_R.jpg
無事に一の鳥居に到着

神様ありがとう!
一礼して林道を戻りました。

駐車場に着いたのは登山開始して8時間半でしたから、かなりの長丁場でした。

疲れた足は・・・

かじか荘にて600円を払い 露天風呂の温泉でのんびりしてきました。

GPS LOG切り忘れたので少し長めですが、13キロの山歩きは十分一日楽しめました。

コウシンソウは、終わりにむかいっていて今週末では散ってしまうと思います。
あと数日は楽しめるかもしれませんね。

登山口はここスタート地点

コメント

非公開コメント