2013/07/09

栃木百名山 女峰山 2483m制覇

P1090394_R.jpg
霧降高原キスゲ平より赤薙ぎ山までその後
栃木百名山である女峰山を目指します。

女峰山は日本二百名山でもあります。 


2013年7月7日 6:30出発 17:30終了

気温 20度~10度
天気 曇りのち晴れ、ガスに雷雨
山頂は風がありましたがほとんど無風です。
雪なし
装備 ザック・オスプレイ35リッター
   長袖一枚ファイントラックと半袖一枚アンダーアーマー
   インナーファイントラック
   ファイントラック ストームゴージュ
   水3000cc ゆずレモン500cc缶ビール350cc
   おにぎり2個ホットケーキ1個団子1個
   手袋
   タオルとティッシュ
   バンダナ(日よけ)
   帽子
   デジイチカメラ・コンパクトカメラ
   ヘッドライト 
   レインウェアー
   ipad2(地図・ログ用)
   ログ・iphoneアプリ DIYGPS
地図ソフトカシミール3Dマップカッター
私としては早めになる6時半からの登山で、栃木百名山2座
赤薙山と女峰山を目指します。
気になる方は・・・

P1090360_R_R.jpg
赤薙山からの道のりは、登ったり降りたり岩場に根っこと多彩なルートで前半は、足元をよく見て歩かないとこける

でも、歩きやすいところ写真のような道も・・・

ほとんどの道が荒々しいので、カメラを片手にもっての登山でしたが、岩場で危険な個所も幾度かあり
デジカメの写真がなしです。

P1090365_R.jpg
シャクナゲの花はまだまだですね、そろそろ咲き始めたという印象ですが、ここの山道にはシャクナゲがいっぱいありました。
ほんの少ししか開花してなかったけど・・・
P1090367_R.jpg
振り返り、赤薙ぎ山方面です、完全に雲海で雲の上に出ています。

奥社後から一度下って、2209ピークからは平坦な道を早足で歩きます。

P1090368_R.jpg
4時間の登山でここ独標に到着です、皆さんはここで引き返す人が多かったようです、時間的に無理かもしれませんね。
P1090372_R.jpg
独標からの日光市街地方面かな?
雲の下にあるはずです。

ここからの女峰山までは、一望できるのですが、遠く感じます。

P1090408_R.jpg
赤い線が登山ルートです。どうやっても1時間では山頂は無理っぽい
現在時刻は10時26分 時間的に戻るタイムリミットは12時ジャストです。

ここで、11時40分までで無理と思ったら引き返すという案で、休まず早めにスタートしました。

P1090375_R.jpg

歩き始めたものの、やはり体力的にもきつくなったところ、11時06分
ここで、昼食を摂ることに、イワカガミが元気をくれます。

気温は20度もない、休んでいると寒くなるほどですから15度程度と思います。
なのに、3000CCの水は2000cc消費しています、(ビールは残っていますが・・・)
それだけ、きついルートになるっていうことですね。

時間的にきつくなってきたので、本当は11時には女峰山山頂の予定でした。
この先の女峰山までは傾斜がきついのは目で見ても分かります。

気合を入れて登ります。
お腹が空いていたので少し元気になりました。
P1090378_R.jpg

山頂近くにたどりつくと、ハイマツがあり進路の邪魔になります。
標高の高いと思う、景色にビビりながらの登山になる場所です。

歩いてきた尾根道がすべて見える場所でもありますね。

P1090384_R.jpg

ここでタイムリミットの11:40分でした。
しかし、ここの時点で山頂に手が届くことを確認してもう少し進めば予定時間オーバーですが山頂まで行けそうです。
P1090391_R.jpg

5分で、山頂手前の神社に到着間に合った!

そしてついに。

P1090394_R.jpg

栃木百名山 女峰山 2483m制覇!

ここまでは険しい道だったのでピストンの方は少なくこの先に進み東照宮に降りる道を使う人が多いようです、
確かに、いままで来た道のりを変えると思うと帰りたくなくなりました。


5時間と20分かかってしまいました。

写真を撮って帰る時には4名の登山者にお会いできました。

志津小屋からのルートの方が多いんですね。

残念ながら、山頂はガスで視界がゼロですので、急いで下山しましょう。

P1090398_R.jpg

危険な個所が多いので写真は少ないのですが、変わった花は立ち止ってザックからカメラを出して撮影しました。

P1090402_R.jpg
紫の釣鐘草みたいなのと黄色の花が綺麗でした。
P1090404_R.jpg


独標手前には水場があります。
私の水は残り500cc助かりました。

P1090405_R.jpg

水場はこんな感じで、すぐにペットボトルに貯まる水量

P1090411_R.jpg

独標で少し休憩ですが、あたりが暗くなりつつあります。

これは、降られそうです。
奥さまの足も疲労が出てきたようで、靴を脱ぎストレッチして下山開始

やっぱり15時過ぎた頃に降り始めました。

真っ暗になり、大粒の雨にやられながら滑る路面を疲れた足で慎重に降りると

今度は下の方でゴロゴロと落雷音が聞こえてきました。
そう!下山方面は雷が発生中!

ゆっくり下山していれば去ってくれると思いましたが残念ながら落雷音はこだまするばかり、
ブッシュの、くぼみにしゃがんで休憩することにしました。


この時点で16時過ぎています、あまり長い休憩では暗くなってしまうかも?
落雷がやむ前に遠くに聞こえるようになったので下山開始

P1090423_R.jpg
笹原でしたので、落雷の逃げ場がなかった
カメラも、レンズに水が浸入です。

P1090431_R.jpg


そして、足が笑っているのに1445段の階段が最後に襲います。
転ばないように。

P1090436_R.jpg
やっと、キスゲ平園に到着です。
17時30分になってしまったので、レストランもおしまい!
外にあった、自動販売機もペットボトルの冷たい飲み物が売り切れ・・・

レインウェアーを脱ぎ、着替えて帰宅しました。
温泉は時間の都合で入れませんでした。

今回は、計11時間の登山時間で過去最高の時間の登山になってしまいました。

落雷がなければ10時間で往復できるかもしれませんが、余裕を持って12時間の予定で歩くと良いかもしれません。

登山ログはこちら

出発時刻/高度: 06:16 / 1337m
到着時刻/高度: 17:06 / 1334m
合計時間: 10時間50分
合計距離: 12.93km
最高点の標高: 2434m
最低点の標高: 1318m
累積標高(上り): 1225m
累積標高(下り): 1200m

コメント

非公開コメント