2013/07/17

日本百名山 常念岳 2857m制覇!

P1070875_R.jpg
7月14・15日の連休を使って一泊二日の北アルプスに行ってきました。
2013年7月14日 6:30出発 15:30山小屋泊
2013年7月15日 6:00出発 10:00登山終了

気温 24度~山頂15度
天気 曇りのち晴れ、ガスに雨
山頂は風と雨と霧 少し待つと晴れ
雪渓あり
装備 ゼロポイント45リッター
   ストック ブラックダイヤモンド2本用
   モンベル半2枚袖
   インナーファイントラック
   ファイントラック ストームゴージュ
   水2000cc アクエリアス500cc缶チュウハイ350cc2缶
   おにぎり2個 タマゴパン カップヌードル
   手袋
   タオルとティッシュ
   バンダナ(日よけ)
   帽子
   デジイチカメラ・コンパクトカメラ
   ヘッドライト 
   ガスバーナー・コッヘル
   レインウェアー
   ipad2(地図・ログ用)
   ログ・iphoneアプリ DIYGPS
地図ソフトカシミール3Dマップカッター

今回は、前日の夜は会議と懇親会のためにアルコールを飲んでしまったので、妻の運転で安曇野まで
23時に出発して眠くなるところまでということで

姨捨SAで1時になり仮眠となりました。

4時に起床して、安曇野インターを降りて、コンビニにて食料調達
6時に三股登山口駐車場に到着するも、満車で下に少し降りる。
広めの側道に車を停めて出発。

はたして今回は常念岳を目指してどんな山旅になるか・・・

P1070803_R.jpg
画面クリックで拡大します。
三股~常念岳までの時間は約6時間半となっています。
しかし、このコースは険しい登りとなり途中で体力がという方が多いコースです。

P1070806_R.jpg
今回はテント泊でなく山小屋泊できていますので軽装なザック内容ですから大丈夫かな?
早速スタート

P1070814_R.jpg

つづら折りの急坂をひたすら登るとユウレイダケが・・・

あっちにもこっちにも・・・良く見るといっぱい咲いていました。

P1070817_R.jpg

つづら折りが2時間ほど続きようやく穏やかな登山道です。
先には、大きな山の頂が見えますが、ここは常念岳の山容ではないようです、まだまだ先は長い・・・
ここで、雨に降られてしまいウェアーを気温はそれほど高くないので汗ばむことはなかった・・・

P1070832_R.jpg

木々を抜けると
岩場になります。火口岩で滑りにくいのですが、雨でぬれているので慎重に
足元が滑ると捻挫や骨折の危険があります。

P1070843_R.jpg

さらに続く岩場です、傾斜がきつく腕力も必要このあたりで2300mを超えます。
空気の薄さが少し気になるかな?

P1090446_R.jpg
富士山も見えてきました。

日本アルプスはすべてこの目の中に見えてきます。

P1070836_R.jpg
2500m付近まで登ると、常念岳の姿が見え始めます。
蝶ヶ岳までの稜線が雲の切れ間から少し見えてくると絶景が始まります。
その奥には穂高連峰の山々が少しだけ見えてきました。
P1070844_R.jpg

前常念岳手前にある避難小屋、ここから右に巻いて常念小屋に行けるのですが、今は雪渓があり滑落の恐れありで
通行止めです。

さらに岩場を上に進みます。
天気は青空が見え隠れです。

P1090456_R.jpg
振り返り歩い道のりが見渡せました。赤いラインですね、良く歩いた。
でもまだ先も長い!体力勝負になります。


P1070845_R.jpg
景色を楽しみながら歩きたいところですが、足元がこれでは立ち止った時だけ景色鑑賞が良いでしょう!

岩場のどこに足を運ぶかな?
それだけでも楽しい道ですね。
早い人と遅い人の差がとても出る道です。
P1070851_R.jpg
こんな大きな岩がいっぱいあります。
岩にはマークがあるので見落とさないように歩かないと行き止まりなんてこともありますよ。

P1070868_R.jpg

ここまで来たところで、山々が見えなくなってきた、雨です。
それもかなり大粒です。
山頂はすぐそこまで来ましたが、ここで小屋に向かってしまうか山頂を目指すか悩みました。

寒くもなってきたし・・・でも明日の天気は分からないからとりあえず、山頂を目指しましょう!
P1090459_R.jpg


そして、暴風雨の中ついに・・・

日本百名山 常念岳 2857m制覇!


長かった7時間半でしたが、この標高の高さに大満足です。

山頂は急な雨のため皆さんあわてて下山したので、狭い山頂3人ほど・・・
少ないのでゆっくり景色を眺めているとガスがあっという間に取れていく!
P1070878_R.jpg
北アルプスの山々がみえる
穂高が見える、涸沢カールも・・・
おおお!
飽きない景色ですね、寒くなければずっとここにいたいな~

P1090462_R.jpg
この先の稜線は明日向かう予定です。
遠くに蝶ヶ岳ヒュッテがみえます。
さすがに、寒いので下山をしながらも景色に見とれています。
P1070883_R.jpg
奥には燕岳までの長い稜線!あそこからここまで歩いたら気持いいんでしょうねー

P1070887_R.jpg

常念小屋は見えているけどすごい下りです。
長旅の足にはこたえる・・・

登りの登山者のほとんどは小屋にザックをデポして荷物は何も持っていませんです。
軽い荷物で山頂は理想ですね。

重いザックを背負って降りるのは可愛そうと思われながらの下り道でした。

P1070892_R.jpg

今日泊まるお宿・・・
8,500円夕食朝食付きです。
あ~
荷物をおろして着替えたら・・・

P1090467_R.jpg

15:30生ビール800円と持ってきた、おつまみを外のテーブルでいただきました。
今日はとっても小屋は混んでいるそうです。
P1090489_R_20130718182413.jpg


一畳に2人の布団でした。^^
続きはこちら・・・

コメント

非公開コメント