2013/10/08

栃木百名山 紅葉の金精山2244m制覇

P1050721_R.jpg
北関東でも一番早く紅葉し始めるのが金精峠

そんな、金精山に行ってきました。

10/6(日)
気温 12度
天気 曇りのち雨&霧
装備 オスプレイ35リッター
   アンダーアーマー半袖 
   ファイントラックインナー
   ファイントラック ストームゴージュ
   オランジーナ500cc 
   おにぎり1こ(セブンイレブン)
   おつまみ 
   タオルとティッシュ
   帽子
   クマよけ鈴
   グローブ
   膝用サポーター
   レインウェアー
   iphone5(地図・ログ用)
   ログ・iphoneアプリ DIYGPS
地図ソフトカシミール3D&マップカッター


秋の日光は紅葉も楽しめますし、おいしいものもいっぱいです。
今回は非常食程度におにぎりだけ持って、登ることにしました。

P1050670_R.jpg


10月の初めではいろは坂はまだ緑の葉です、そこから中禅寺湖を横に見て、戦場ヶ原方面に向かいます。

竜頭の滝の辺りから、葉の色も紅葉してきて湯ノ湖まで来ました。

湯ノ湖は色づき始め・・・
1週間後の連休は、綺麗でしょうね!

P1050671_R.jpg
登山口は、金精トンネル手前の無料駐車場!

ここは、金精峠で紅葉がまさにピークを迎えておりました。

さてここから、金精山を目指します・・・

P1050675_R.jpg
登山口から金精峠までの道は、とても急な登りになりますし。
滑落している個所もあるので間違ったルートに向かわないように注意が必要です。

登り始めから険しい!

P1050676_R.jpg

色づきピークの登山道です。
階段がきついです。

P1050677_R.jpg

ここは、滑落注意です、慎重に・・・・

P1050678_R.jpg

急坂を登りやすいように丸太階段

P1050685_R.jpg

梯子もあったり

P1050679_R.jpg

一息入れるのは、こんな紅葉が、綺麗なところでね

P1050687_R.jpg
真っ黄色です。

30分かけて登り続けると・・・

P1050688_R.jpg

金精峠 分岐点 

日光白根にも根名草山にも湯元も菅沼も

P1050689_R.jpg
 中国風の子宝に恵まれるといわれる神社
精力増大って、頑張れるかな?

ここからの景色はガスの中ですが、晴れた日には絶景の日光のシンボルが一望できます。
金精山は神社の先を進みます。

しばらくはのんびりした登り坂です。

P1050693_R.jpg
紅葉が綺麗で、特に右側の景色は綺麗な色に染まっています。

P1050695_R.jpg
平らな山道を歩きます、いままでが上りがきつかった分楽しめる快適 良いね~

P1050698_R.jpg
少し下がった場所はガスがないのですがここはガスに覆われて近くだけしか見えない。

標高が上がります。
P1050701_R.jpg
1時間も登ると、道は枯れ葉でもう冬の気配がします。

このあたりから第二のきつい登り・・・
P1050703_R.jpg

滑りやすい岩場もあり、ロープを補助に進みます。

P1050704_R.jpg

金精山はしっかりした地盤ではなく亀裂が入ったり滑落しやすい場所の多い山。
落石に十分に注意です。

P1050705_R.jpg

この急斜面を上に向かいます、途中にアルミ製の梯子が見える・・・

きつい!
P1050707_R.jpg



すっかり冬の感じがします。
花は種を残して、冬支度

P1050709_R.jpg


上から話し声が聞こえて、パーティーが下山してきました。
今回初めての登山者と遭遇です。

P1050710_R.jpg

ロープ場で待っていてくれました。ありがとうございます!

きつい登りの尾根に出る

すると山頂はあと少し最後の勾配を登り・・・

山頂に1時間半で到着です。

栃木百名山 2244m 金精山制覇!

金精山の山頂は広く岩の上に座って休憩できます。
残念なのはガスで展望がなし・・・

晴れた日には美しい日光の山々が見渡せる良い場所のようです。

この山地図上で見ると、距離がほとんどありません。
しかし、勾配がきつい場所が8割以上有るので体力が必要です。

P1050743_R.jpg


帰りは1時間かからずに下山。

本当は、五色山から日光白根に向かう予定でしたが、戦場ヶ原に変更です。

P1050750_R.jpg


楽しい稜線の山歩きはここからという場所まできてのUターンはもったいない気がしましたが・・・


いつも素通りの戦場ヶ原や・・・

P1050760_R.jpg

竜頭の滝をみて帰宅しました。

下山時刻が、1時15分と早かったのでのんびりと日光を楽しむことが出来ました。

コメント

非公開コメント