2014/06/23

オサバクサ咲く 栃木百名山 帝釈山2060m 制覇

P1060959_R.jpg
栃木百名山 帝釈山 2060m制覇!!
栃木百名山である帝釈山に行ってきました。

6/23(日)
気温 山頂10度
天気 雨
装備 オスプレイ35リッター
   モンベル半袖
   ファイントラック ストームゴージュ
   水3リッター 
   おにぎり3個(セブンイレブン)
   コーンポタージュスープ各種 コーヒー
   タオルとティッシュ
   クマよけ鈴
   グローブ
   膝用サポーター
   簡易アイゼン
   レインウェアー モンベルストームクルーザー上下

   パナソニックデジカメ G3パンケーキレンズ
   iphone5(地図・ログ用)
   ログ・iphoneアプリ DIYGPS
地図ソフトカシミール3D&マップカッター

 帝釈山の山頂を目指すなら栃木県に住んでいる方は、塩原方面から道の駅たじまにさらに左折して
桧枝岐方面を進むと 舘岩で田代・帝釈山の看板があり 湯ノ花方面に17キロ
猿倉登山口から田代山経由がお勧めです。(帝釈山頂まで約2時間)

しかし、帝釈山の魅力の一つ桧枝岐観光協会が開催しているオサバクサ祭り
TAISYAKU.jpg

オサバクサを見るためにさらに桧枝岐に向かい馬坂峠まで馬坂峠から、帝釈山は約1時間の急登

はたして、そのルートとオサバクサとは?


 

田代 (1)_R
前日の夜に、桧枝岐方面に向かいます。
自宅からの距離は片道200キロ
日帰りでの登山をするには往復400キロのドライブと10時間以上のトレッキングは苛酷なので(帝釈・田代・台倉高山の三座登山予定)
登山口で寝る予定でしたが、雨脚が強く、馬坂峠までは道幅の狭い林道ですから土砂崩れの可能性もあり

林道手前にあるミニ尾瀬公園にて仮眠
朝の4時にドシャブリです。
二度寝して5時に出発準備

雨はやみませんが、雨登山も経験しておく必要があると思い登山口へ出発!

田代 (2)_R

綺麗なトイレのある馬坂峠に到着です。

登山口に到着するも、駐車場はだれもいなくしばらくするとマイクロバスが登ってきました。
団体さんですが、なかなか登山者が出てこないので登山準備をしていると
運転手さんが先程説明した、猿倉口で登山者を下しこちらまで歩くコースで先回りしているとのことです。

少し不安ですが、かみさんと二人で準備完了です。
P1060949_R.jpg


7時少し前に出発

雨は、少し小ぶりにはなりましたが相変わらずです。
P1060950_R.jpg

やはり、オサバ草がいっぱい咲いています。
地元の方に聞くと今年はすごく少ないそうです。
それでも、登山道の両脇には可愛い小さな白い花のオサバクサがいっぱい
P1060951_R.jpg


雨の木道は非常に滑りやすく危険です。
なるべくゆっくり、滑らないように注意して登ります。
傾斜のきつい場所は階段になっていて、登山道はとても綺麗に整備されています。

P1060955_R.jpg

きつい登りが続きます。
帝釈山頂までは登りっぱなしの心臓破りの坂です。
しかも・・・
標高が高いため息が苦しい 空気が薄いのです。

そのためにも、馬坂峠に前泊がお勧めです。
そして歩くこと50分ほどで、周りの景色が一気に開けた場所に出ます。

山頂が近い 登りっぱなしの登山道でした。

田代 (3)_R

残念ながら、雨のために遠くの山々を見渡すことが出来ませんでしたが近くの山々を見ることが出来ました。

雲にかくれてしまっていますが、台倉高山がかすかに見えます。 あちらも栃木百名山

北側の山々が残念ながら見ることが出来なかった!

P1060956_R.jpg

山頂で朝食中に太陽が顔を出し始めた!

高山植物の宝庫 田代湿原まで2キロ もちろん この後は田代湿原に向かいます。

田代湿原までのルートはこちら

コメント

非公開コメント