2014/06/24

栃木百名山 田代山 1971m制覇 天空のお花畑

P1060980_R.jpg

高山植物の宝庫 田代湿原に行ってきました。
6/23(日)
気温 山頂10度
天気 雨
装備 オスプレイ35リッター
   モンベル半袖
   ファイントラック ストームゴージュ
   水3リッター 
   おにぎり3個(セブンイレブン)
   コーンポタージュスープ各種 コーヒー
   タオルとティッシュ
   クマよけ鈴
   グローブ
   膝用サポーター
   簡易アイゼン
   レインウェアー モンベルストームクルーザー上下

   パナソニックデジカメ G3パンケーキレンズ
   iphone5(地図・ログ用)
   ログ・iphoneアプリ DIYGPS
地図ソフトカシミール3D&マップカッター

田代湿原には猿倉登山口からの登山が一般的だが、同じ栃木百名山の帝釈山へ登る馬坂峠登山口から向かいました。

馬坂峠から帝釈山までの記事はこちら

帝釈山からの登山の記事になります。

そのルートとは・・・

田代 (5)_R

帝釈山から田代山までは、しばらく狭い草をかき分けて進み道になりますが、天気が良ければ視界が開けているので遠くの山々を見ながらの登山になります。

田代 (6)_R

初めはきつい下り坂の岩道を下ります。

先には田代山がはっきり見える。
尾根道を歩いて田代山まで・・・

田代 (7)_R

この辺は、6月中旬からはオサバクサが群生しています。

小さな白い花が印象的です。

田代 (8)_R

途中何度か残雪がありましたが、避難小屋近くにでまだかなり残っていましたがアイゼンを使用することもない程度・・・

帝釈山から1時間ほど歩いて最後の登りを登りつめると・・・

田代 (9)_R

避難小屋が見えてきます。

ここで、休憩が出来ます。

中は広く、弘法大師の堂となっています。女性2人がお休み中でしたのでひとまず湿原に
帰りに雨もやまないので、休憩させていただきました。

TASIRO (1)

TASIRO (2)


隣には立派なトイレが完備されています。
トイレはチップ制です。
登山靴は入り口でぬいでから サンダルに履き替えて使用

落雷などで下山困難の場合は宿泊できる避難小屋です。

田代 (10)_R


田代湿原は反時計回りの木道コースとなります。
ゆっくり歩いても30分ほどのコース
あいにくの雨ですが先にすすみます。

TASIRO (3)

TASIRO (4)

TASIRO (5)

田代湿原を独り占め 誰もいない田代湿原は気持ちいい!

P1060965_R.jpg


木道の足元には白い花がたくさん

いっぱい咲いてる~

P1060973_R.jpg

チングルマの群生地あり・・・

P1060974_R_201406241420477b6.jpg



イワカガミ もチラホラ

P1060977_R.jpg

高山植物の宝庫

P1060967_R.jpg

残念なのはワタスゲです、あめでしんなり・・・・


田代 (11)_R

ここは天国?
と思うほどのお花の量に感激!
雨でもここまで来て良かった~
でも寒い・・・・

ここで、何枚も写真をとっていたためにバッテリー切れ

補助バッテリーは必需品ですね。

後は来た道を戻り避難小屋で暖かいコーンポタージュを飲んでひたすら下山

この時期は雪解けもあるので、ルートはぐちゃぐちゃですので、防水タイプの登山靴は 必須です。

また木道が整備されていますが濡れた木道と木の根は非常に滑りやすい大けがしますので、慎重に下山をお勧めします。

TAISYAKU_201406241428241d8.jpg

馬坂峠では8時~12時までこの時期はオサバ草祭りを開催中で登山者全員にバッジのプレゼントををしていました。


田代 (21)_R
シンプルで可愛いバッチはどこにしようか?
田代 (22)_R

帽子に付けてみました。
かっこいいですね。

雨と汗で冷え切った体は峠を降りたすぐにある燧の湯にて心も体も温まり、桧枝岐名物の裁ち蕎麦を食べて帰宅です。

帰りも200キロの距離でしたが、7時登山開始12時下山でしたので時間の余裕もアリ明るいうちに自宅に帰宅できました。

まだまだ桧枝岐方面の栃木百名山は多いので、次回もこのルートで登山に向かいます。

出発時刻/高度: 07:00 / 1803m
到着時刻/高度: 11:56 / 1803m
合計時間: 4時間56分
合計距離: 8.17km
最高点の標高: 2032m
最低点の標高: 1777m
累積標高(上り): 651m
累積標高(下り): 651m

コメント

非公開コメント