2014/09/17

日本百名山 燧ケ岳 2356mまでの道のり

燧ケ岳 (1)_R


日本百名山である燧ケ岳に行ってきました。

9/14・15(日・月)
気温 山頂15度 朝8度昼18度
天気 14日晴れ 15日薄曇り
装備 
   ZEROチャチャバック45リッター
   ファイントラック長袖
   半袖2枚 
   モンベルタウンジャケット
   モンベルアウター
   ブラックダイヤモンドストック
   ファイントラック ストームゴージュ
   帽子・バンダナ
   プロトレック時計
   水3000cc
   飲食物(写真参照)
   クマよけ鈴
   グローブ
   レインウェアー モンベルストームクルーザー上下
   テントモンベルステラ2+グランドシート
   寝袋 ナンガ300
   インナーマット スノピー インフレータブルマット キャンピング 2.0ST
   エアーピロー
   デジカメ パナGF1 
   iphone5
   予備バッテリー
   ipad (地図・ログ用)
   ログ・iphoneアプリ DIYGPS
地図ソフトカシミール3D&マップカッター

燧ケ岳山頂を目指すには何ルートかあり
一番有名なのは 御池から、まっすぐ山頂まで目指し、ピストンまたは長英新道を降りて尾瀬沼から沼山峠でバス一周

群馬県側ですと、鳩待峠から尾瀬湿原を通り、見晴新道で燧ケ岳ですが
現在は、見晴新道が土砂崩れで通れません。

富士見峠から、見晴に向かってそこからの見晴新道ルートも使えないので今回は

大清水から、大沼ヒュッテー テント泊(幕営)燧ケ岳が一番近いと思い
尾瀬沼ヒュッテにテント予約してみると、満室でテントは張れないにとのこと・・・

尾瀬は、テントを張る場所が少なく尾瀬沼ヒュッテ・見晴・山ノ鼻の3か所

そうなると大清水からは見晴が一番近く、ルートは大清水から燧ケ岳山頂を目指し。
下山後に見晴まで

早速大清水登山口からスタートです・・・

 

P1100645_R.jpg
まずは駐車場に到着しましたが、今日は三連休の真ん中です、停められるるはずはないと思いましたがなんと8割程度の車で奥はまだ空いていました。こちらは大清水第二駐車場

季節として一番面白みのない時期なのかもしれませんね。

また、4ルートある尾瀬の登山口としては何もない 富士見峠の次に人気のない登山口なんです。

理由は、林道を延々と初めに歩くから・・・
という登山者の不満の声に・・・

P1100647_R.jpg

ハイブリッドエスティマで一ノ瀬まで送迎無料のサービスです。
P1100650_R.jpg


少しでも大清水から登ってもらいたいと企画提案中

1時間ほどの登山道を15分弱で短縮してくれるのはありがたい。
現在は無料ですがこ今後は有料化も検討しているとのことです。

あっという間に一ノ瀬に到着

P1100653_R.jpg

ここからが登山開始です、種子をおとして入山です。
P1100657_R.jpg

今回はテント泊で飲食物もザックに積み込みかみさんの分もあるのでザックは18キロと過去最高です。

歩き始めにザックの重さがこたえる・・・
ちょっとした登り坂になると一気にペースが落ちてしまいます。

ここから三平峠までしばらくは険しい登りが続きます。

P1100661_R.jpg


木道も朽ち果てている個所が何箇所かあります。気をつけて登ります。
P1100668_R.jpg

息切れして、やっと三平峠ここから下って尾瀬沼に向かいます。

P1100676_R.jpg


尾瀬沼に映る燧ケ岳
絶景が初めて見渡せました。 尾瀬は空が青い!
下界ではこの青さはめったに見られませんね。

ここは尾瀬沼休憩所です。

P1100677_R.jpg

私たちが到着と同時にお店賀開店しました8時でした。

P1100678_R.jpg

お金さえあればザックに重い食料を持たずに来ても十分おいしいものがいただけますね。
貧乏登山なので朝食は持参のスープとコーヒーで・・・
だって・・・
P1100679_R.jpg

しかたありませんが、尾瀬は物価が高いんです。
これでも安い価格と思います。

さてこれから、見えてきたひうちにむかうのですがコースは2ルート右回りの尾瀬沼ヒュッテ回りか、左まわりのどちらかです。

左回りは木道が整備がされておらず歩きにくい個所が多々ありますが近い

右回りは、比較的木道も整備されていて歩きやすい、地元の方はほとんど左回りがお勧めだそうです。

私はあえて近い、右回りで沼尻にむかいました。
P1100690_R.jpg

湖畔の淵を歩くので景色が気持ちいい!
そんな湖畔から少し離れて歩いたり登り降りがあるコースを進むと
燧ケ岳 (2)_R

小沼の湿原に到着 ここからの燧ケ岳の眺めは格別ですね。
既に草が色づきはじめてきました。
P1100694_R.jpg


のんびり歩いて1時間半ほどで見えてきたのは沼尻小屋です。
トイレ・飲食ができる休憩所はたくさんの登山者がいました。

ここで、ちょっと休憩です。
P1100698_R.jpg


飲み物各種、持ってこなくても飲むことが出来ます。
私たちはまたもやお湯を沸かしてコーヒーに
コーヒーには?
P1100703_R.jpg

小屋名物のパンと手作りジャムです(150円)

ここで腹ごしらえしてから、燧ケ岳に向かいます。

P1100695_R.jpg

沼尻の景色をみならがノ朝食は格別コーヒーもおいしいです。

P1100705_R.jpg


ここから、山頂までは2.7キロのピストンです朝の9時には山頂目指すのが最高でしたが、現在時刻10時

ちょっと遅い時間帯ということに現時点では思ってもいませんでした。

つづく・・・



コメント

非公開コメント