2014/10/24

アラウーノS 手洗いカウンター設置 

arau-no (16)


トイレのお掃除を自動で行ってくれるパナソニックアラウーノ 
そんなアラウーノの設置工事
先日、アラウーノSタイプにカウンター専用手洗いユニットの設置工事を行って来ました。

今回は壁右面にカウンターを設置しました、タンクが無くなるために手洗いも出来ないので専用の手洗いも設置

手洗いに排水・給水工事がいつものアラウーノ以外に工事が必要にあります。

さてそんなアラウーノへの交換手順とは・・・

arau-no (2)

まず古い便器の撤去とカウンターの撤去を行います。

arau-no (1)

便座・タンク・便器の順で取り外します。

またアラウーノには、標準タイプとリフォームタイプがありどちらかかの選択になります。

普通は、便器の止まっている両サイドのボルト位置でフランジが必要か?
床フランジセットの場合はフランジ必要なし
リフォームタイプの排水アジャスタセットの場合はフランジを持って行くことをお勧めします。

排水管の位置でどちらかの選択をします。今回のお宅は
イナックスの便器でボルトは後方にありますので、標準セットの床フランジセットになります。

arau-no (4)
すべて外したら、型紙を置き取付

後は、アラウーノを乗せて固定します。

arau-no (6)

今まで使っていたカウンターの板は綺麗なのですが、寸法が長いために、これを使用すると手洗いユニットの給排水が長くなってしまいます。

arau-no (7)

標準で入っているカウンターの長さに切ります。

arau-no (8)

カウンターとペーパーホルダーを設置
arau-no (9)

給水ホースの配管と排水管の設置を行います。
arau-no (12)
アラウーノ本体後ろに排水管を接続します。
配管を通すためにカバーの一部を切り落とします。

arau-no (13)
本体と給排水の接続です、ここは狭くてとてもやりにくい場所

arau-no (14)
手洗いユニットはこんな感じですね。

手洗いユニットと配管カバーの間に2ミリほどの隙間が出来てしまったためにこの後、手洗いユニットを右に微調整して移動しました。

排水ホースを切断してピタリ収まりました・・・(写真を撮るの忘れてしまいました)

アラウーノ本体のみの設置の場合は2時間ほどの交換で終了しますが今回は

既存のカウンターの加工設置や
手洗いユニットが壁に段差があるために標準の高より低く設置しなくてなならないために寸法を変えてしまうために
ピタリと設置に時間がかかってしまいました。

工事には時間がかかりますが、手洗いユニットがあると便利ですね。

トイレ近くに洗面台が無い場合は、お勧めできるセット内容です。

予算の都合上
今回はアラウーノS+手洗いカウンターユニットになりましたが

お勧めできるセット内容は
便座ふた自動開閉の 新型アラウーノ+自動水洗付きカウンターセットをお勧めします。

当店では、嫌なおトイレ掃除を楽にできる商品
生活提案をお勧めしているお店です。


皆さんのお宅のトイレもアラウーノで自動お掃除にしてみてはいかがでしょうか?



コメント

非公開コメント