2014/11/14

パナソニック オーブンレンジ NE-M263 H97エラー 修理

m263 (1)
購入して4年目のオーブンレンジですが、あたためスタートを押すと

H97.jpg
H97エラーコードでストップしてしまいます。

M2***シリーズは初めての修理ですので、記載いたします。

そんなH97の対象方法は・・・

m263 (2)
本体カバーを取り外します・・・

H97の原因は大きく分けると3個

ドアスイッチの接点不良 
インバーター基板
マグネトロン

ドアスイッチは開閉してテスターで計測します、正常の場合はドアを開けるとスイッチが連動します。
インバーター基板とマグネトロンは判断しにくく
以下で説明・・・

m263 (3)


後ろにあるカバーをはずします。

m263 (4)


マグネトロンのコネクターを外します。
素人の方は、大変高電圧の場所があるので、分解はしないようにしてください。

直接触ってしまうと感電して条件によって死亡することもあります。

m263 (5)

ファンモーターコネクタを外します。
m263 (6)


CN701コネクタを外します。

奥にあるCN702コネクタも外します。
外した状態で、2-3ピンの電圧を測ります。
ない場合は、メイン基板も怪しいですね。

m263 (7)

白いプラスチックカバーに覆われた、インバーター基板を外します。
アースコネクタも外してそっくり取ります。

m263 (8)

この時下にある、マグネトロンも確認します、ひび割れがある場合は交換します。

m263 (9)


取り外したインバーター基板です、白いカバーを外して、交換します。

m263 (10)

アルミの放熱板絶対に危険ですから、触らない 
テストするときに、触ったら助からないですね・・・

後は逆の手順で終了です。


この時下にある、マグネトロンも確認します、ひび割れがある場合は交換します。

m263 (11)

パナソニックになってからのオーブンレンジはこのように過去のエラーで危険な場合

部品交換後も、安全装置の解除をしないとスタートしないようになっています。
写真参考・・・


リセット完了後
試運転します。

m263 (13)

交換部品はこちら

m263 (12)
モジュール交換制度適用してこのお値段になります。


この基板は、危険が伴いますので、部品の注文は受けられないものになります。

今回の修理は土曜日

日曜には部品入荷できないので貸出機を設置して月曜日に交換して修理完了となりました。

お客様はレンジが無いと困るものです・・・

新しい、オーブンレンジでしたので、部品交換が大変かと思いましたが、基板の位置が非常に交換しやすい場所に変わって、すんなりと修理完了いたしました。


コメント

非公開コメント