2015/01/19

赤城 鍋割山 雪道登山

P1110652_R.jpg


雪の赤城鍋割山に行ってきました。
1/18(日)
気温 1度
山頂 0度
天気 晴れ強風
装備 
 
   オスプレイ 60リッター
   ヒートテック
   アウター LLbeam 
   ファイントラック ストームゴージュ
   防寒帽子
   ネックマフラー
   プロトレック時計
   アクエリアス500cc
   鍋焼きうどん
   カップラーメン
   スープ
   水1000cc 
   クマよけ鈴
   グローブ
   チェーンスパイク
   iphone5
   ipad2 ログ用
   ログ・iphoneアプリ DIYGPS
地図ソフトカシミール3D&マップカッター

P1110649_R.jpg

今年に入って、赤城の山も積雪が多くなり、雪山が楽しめるようになりました。

P1110651_R.jpg


自然が作る作品はまさ 唖然!!
そんな、鍋割山のルートとは・・・

P1110628_R.jpg

本日は、赤城道路にある、姫百合駐車場から
既に足元は雪に覆われています。

ここまで道路は積雪しているのでスタットレスタイヤでなければ登ってこられません。

アイゼンと悩みましたが今回はこれで登ります。

P1110630_R.jpg

荒山高原入り口から登ります、予定では荒山経由して鍋割に向かいます。

既に積雪多いですね30センチくらい
P1110634_R.jpg


初めはこんな感じの林道をだらだらと登り始める・・・

P1110638_R.jpg

歩くこと30分で、ここ荒山高原に到着 

この時点で、強風で空は唸り
立っていられないほどです。

荒山に向かうのを断念して、近い距離ですが鍋割山に向かうことにしました。

P1110641_R.jpg

妻も雪山登山は初めてで、気に入ってくれたようです。
寒くもないし楽しいそうです。

P1110642_R.jpg


鍋割山までは、荒山高原まで出てしまえば傾斜もそれほどきつくないのでアイゼンなしでも楽しめる雪山です。
ただし滑りやすいので、最低簡易アイゼンくらいは装備して登りたいですよね。

登山者の中には長靴で登ってきた人もいました。

P1110643_R.jpg


雪景色は普段は見ることが無いので新鮮です。

こんな木々を見て歩くと飽きません

P1110657_R.jpg


尾根に出れば、右も左も視界を遮る木々のない場所もあり気持ちの良い稜線歩きを体験します。

展望がよく浅間山が大きく見えました。

P1110662_R.jpg


しかしその分この日は強風でしたので冷たい、粉雪が顔に当たります。

P1110685_R.jpg

途中からは会話も出来ないほどで
ただひたすら、山頂を目指すことに・・・
P1110689_R.jpg


登山口から 1時間半ほどで、山頂に到着です。
ここからの景色は絶景でした。

P1110697_R.jpg

山頂からの浅間山

P1110701_R.jpg
 八ヶ岳

P1110700_R.jpg

富士山もかすかに・・・

そんな絶景を楽しんで下山

P1110715_R.jpg


進行方向に荒山と地蔵岳

P1110709_R.jpg

雪壁

NABEWAERI (9)

帰りは歩きやすく1時間で下山です。

4時間ほどの楽しい雪山歩きを楽しみました。

詳細は山行記録で

コメント

非公開コメント