検索フォーム


カテゴリー


人気ページ


最新記事 & コメント


月間アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

パームサイトウ店長

Author:パームサイトウ店長
ナショナルパナソニック専門店の店長
趣味のジープ(ジムニー)と併用でブログです^^


アウトドア&フィッシング
アウトドア&フィッシング ナチュラム


友だち追加数


友達申請フォーム(FC2BLOG)


Google


Link


BlogPeople


Trackback People









まとめ
DATE: CATEGORY:栃木百名山

oosabi (1)

雨降る中、栃木百名山である 大佐飛山 1908mに行ってきました。
栃木百名山でも距離のあるコースとして有名大佐飛山に挑戦です。

一般の方のコースタイムは12時間ほど早朝薄暗いうちに登山開始しても夕方になってしまうほどの健脚向きコースです。
百村山近くにある黒滝山登山口から稜線に入り
三石山-さる山-山藤山-黒滝山-西村山-大長山-大佐飛山ロングコースになります。

また、夏山になると笹薮に覆われた登山道となるために容易ではないルートになってしまいます。
雪の残る、日が長い限られた時期になら、日帰りで制覇できる山でして、季節を外れると
一泊テント泊かよほどの健脚の方でない限り山頂にたどり着くことのできない難コースでもあります。

栃木百名山の制覇もの残すところあとわずかになってきましたが、この山だけは最後になるだろうと思っていた山に挑戦です。


まずは黒滝山までの記事はこちら
今回は黒滝山から大佐飛山までその後登山口までの下山ルートです。

2015年 4/5(日)
気温 6度
山頂4度
天気 雨
装備 
 
   オスプレイ 35リッターとザックカバー
   ヒートテック
   モンベルレインウエア  
   ファイントラック ストームゴージュ
   ニット帽子
   プロトレック時計
   お水3000cc
   おにぎり3個
   カップラーメン
   クマよけ鈴
   防水グローブアンド予備グローブ
   10本アイゼン
   チェーンスパイク
   iphone5
   ipad2 ログ用
   ログ・iphoneアプリ DIYGPS
地図ソフトカシミール3D&マップカッター

そんな、大佐飛山までの道のりとは・・・ oosabi (11)

三時間かかって黒滝山まで到着しましたがここから大佐飛山に向かいます。

ここからは、雪の緩い場所が多く存在して
ズボ足を何度も何度も繰り返し歩きます。



ワカンがあれば回避できますが、雪用のストックと体重移動のバランスを考えてなるべく足を両足に体重が乗るように工夫しながら進みました。

一度足が入ってしまうと、なかなか抜けない、靴の中に雪が入ってしまうの悪循環ですのでなるべくバランスよく進みましょう。

また、登山道はないのでテープを頼りに進みます。
非常に道迷いしやすい場所ですので地図を確認しながら方角を合わせて進みました。
oosabi (12)

西村山に到着、テント泊の方がいらっしゃいました。
ここまで登山者にお会いしたのは2名だけ

テントの方はここにデポして山頂を目指しているようです。

余裕のある登山でしたらゆっくりここまでテントをかついて張り、のんびり休んで翌日に軽荷で大佐飛び山に向かうのがきれいな景色を見るには得策かもしれませんね

でも、夜は寒いんだろうな?

ここから、大長山に向かうのですが、ルートミスして、違う尾根を降りてしまい、トレースも消えて一度西村山に戻りました。

oosabi (13)

ズボ足を幾度となく繰り返して、ようやく大長山に山頂に踏み跡が少なく巻道していく方が多いようです。
帰り道ではここで昼食いしました。

oosabi (14)

大長山を過ぎると一気に視界が開けます。

あいにくの雨ですので遠くの山も見えない
霧になってしまいましたが、ズボ足から回避されてとっても気持ちの良い登山道でした。

長い距離歩いてきた疲れが飛ぶ光景ですね・・・晴れてれば・・・・


ここから長い、登り道をあと少しあと少しと頑張って登山開始5時間15分

oosabi (2)

やっと看板が見えました!!!

栃木百名山 大佐飛山 1908m制覇 !

今までで一番達成感ある栃木百名山でした。

栃木百名山で2番目に達成感があったといったら
以前登った
赤薙~女峰山ピストンです。
それより辛いコースでした。

雨と雪山というコンディションも大変だった~よく登れたという達成感なんでしょうか?

山頂で昼食をと思っておなかがすいていましたが我慢して山頂に来ましたが、大雨と大風に変わり
これではたまらないということで、すぐに下山

oosabi (3)
気持ちの良いルートも終わりまた足ズボの始まり

途中大長山付近で天気も落ち着き、昼食

手足がかじかみながらもカップラーメンをすすり下山

oosabi (4)

黒滝までの悪路を乗り切り快適な雪山の下りで、ペースも上がりました。

oosabi (5)

ザーツザーツっと軽快に、雪庇の上を下山しています。
oosabi (6)

山藤山まで下山したころには雨もやみ少しでしたが太陽が見えました。
ここで、カッパを脱ぎ、濡れたグローブを新しいものに変えて体力はなくなってきたもののひたすら下山です。

以外にも、下りは時間がかからないですいすいと下りていますがモモと膝に痛みが出始めました。

oosabi (17)
軽快に飛び跳ねながら下山中!!
oosabi (18)
雲海も見えてきましたがこの後はその雲の中に入りガスガスになりました。

oosabi (7)
さる山到着で、とっても気持ちが楽になってきました。
それは、下山できるという確信が持てたことでしょうね。

oosabi (8)
雪解けの登山道脇にショウジョウガハバが咲き始めていました。

ここから、滑る泥道の急斜面を下り車が見えた時にはホットしました。

ずぶ濡れの服を着替えて、足の中まで雪が入ってしまった靴を脱ぎ

疲れがどーっと出ました。

林道を下り、となれば


oosabi (9)
あったかい温泉が最高でした。

2時半起床の10時間のロングトレイル

少し仮眠しないと帰りの運転がツライということで1時間ほどゆっくり・・・

oosabi (10)
高速でおなかが減ってしまったので上河内SAかつ丼が何ともおいしかった~

残る百名山はあと少し

まだ残る山も簡単には登られてくれそうもありませんが、この登山で少し体力にも自信がつきました。

ルートと山行記録はこちらになります。

テーマ : 登山 - ジャンル : スポーツ

tag : トレッキング_栃木百名山_大佐飛山

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)