検索フォーム


カテゴリー


人気ページ


最新記事 & コメント


月間アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

パームサイトウ店長

Author:パームサイトウ店長
ナショナルパナソニック専門店の店長
趣味のジープ(ジムニー)と併用でブログです^^


アウトドア&フィッシング
アウトドア&フィッシング ナチュラム


友だち追加数


友達申請フォーム(FC2BLOG)


Google


Link


BlogPeople


Trackback People









まとめ
DATE: CATEGORY:温泉
P1120766_R.jpg

本沢温泉 内湯の浴槽の足場
綺麗に石が溶けております。

そんな、本沢温泉に入ってきました。

HONNZAWA (5)

山小屋で入浴料をお支払いします。

本沢温泉までは、車では行くことができません。

稲子温泉からミドリ池を経由して本沢温泉まで、距離にして5キロくらいでしょうか?
行くり歩いて片道4時間程かかる山小屋の温泉です。

本沢温泉までの道のりはこちら

P1120770_R.jpg

料金はこちら
野天風呂と、内湯は温泉成分が全く違うようです。

さてはじめに、標高2150メートルにある野天風呂に行ってくることにしました。

野天風呂までは、歩いて10分ほどかかります。
この日は、野営することにしたので野営場からは15分ほど・・・
そうなんです、遠くにあるんです。

そんな、野天風呂とは・・・ このひは雨が降っていたので、道はぐちゃぐちゃで滑りやすい
傘をさして、ひたすら山道を登っていくと少し開けた場所に出ました。

さらに案内看板があり、草むらの中に入っていくと、左は切り立った崖

狭い道
さらにさらに下っていくと・・・
P1120782_R.jpg
誰が管理してるわけでもないのでお金を払わなくても入れますがそれはマナー違反ですね

honnzawaonnsenn (2)

はるか下にありました、小さい温泉に6人ほど入っていました、着替えるところも囲い何もない

横には大きな音を立てて川が流れています。

よく見ると女性の方もお二人入ってます?

野天風呂に到着すると、服を脱ぎ

さっそく入浴です。
honnzawaonnsenn (1)

こんなところで、いいお湯にはいれるなんて、なんて贅沢!

温度もちょうどよい!!
最高です。

一緒に入っている方たちは、ほとんどの方が、八ヶ岳登山に来た方ばかり

もちろん趣味も一緒ですから、気が合いますね。
どこの山小屋がよかったとか?
あそこの野天風呂はまた違った良さがあったとか、まさに情報の宝庫でした。

女性のかたは、水着着用して入浴でしたので目のやり場には困りませんでしたよ・・・

先に女性の方たちが出ていったので、あとは山男の方たりばかり・・・

記念撮影大会が始まり皆さんで大笑いしてしまいました。
ビールを持ってきた方が、一緒にどうですか?といわれましたが、ここにきてもう1時間以上

妻もテントで待ってる(寝てる)ので、次なる内湯に入るために風呂を後にしました。

帰りにも、山ガールの方が一人で野天風呂に入るということですれ違いました。
勇気のある、女性というかあまり気にならないのかもしれませんね。
大自然の中ですから・・・

P1120757_R.jpg

内湯は山小屋内にあるので、入っていくと・・・

こけももの湯というそうです。

P1120758_R.jpg
風呂上がりにまたお風呂・・・
何とも最高の日ですね。

美味しい水は本当においしい!!
ごくごく飲んでから
P1120759_R.jpg
この奥にお風呂がありました。
P1120761_R.jpg

何も加えない、源泉のまま
楽しみですね。

P1120767_R_201507231034237f5.jpg


お風呂に入るとたくさんの方たちが、入っていたので写真撮りました。
皆さん、ノリのいい方ばかりで楽しく、会話をしながらのんびりしてきました。

隣は塀一枚の女性風呂で、会話も聞こえてきますね。

妻にもう出るというと分かったよ~
昔の銭湯のような会話

こちらの湯は、錆くさいにおいがしますが、疲れた体にはいい温泉でしたね。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿 - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)