検索フォーム


カテゴリー


人気ページ


最新記事 & コメント


月間アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

パームサイトウ店長

Author:パームサイトウ店長
ナショナルパナソニック専門店の店長
趣味のジープ(ジムニー)と併用でブログです^^


アウトドア&フィッシング
アウトドア&フィッシング ナチュラム


友だち追加数


友達申請フォーム(FC2BLOG)


Google


Link


BlogPeople


Trackback People









まとめ
DATE: CATEGORY:北アルプス
P1130158_R.jpg

大雨の中のテント泊

今年のお盆休みは北アルプスの鷲羽岳を目標に登山をしてきました・・・

しかし・・・

天候の悪化で反省するところばかり・・・
そんな、北アルプス登山とは・・・ P1130149_R.jpg
朝の5時に新穂高登山口にて登山届を出して出発

移動は車にて、登山者専用の無料駐車場に(ここから500m手前です)駐車しました。

前日の22時に到着して、車中泊しました。

無料駐車場では3時ごろから、ヘッドライトがついて、皆さん登山の準備
私たちは4時半に車から出発しました。
辺りはまだ暗いです。
P1130150_R.jpg
ようやく明るくなってライトを外して出発

この時点では雨は降っていませんでした。
登山開始から10分でポツポツきました。

さらに1時間ほど歩くと雨脚は激しくなりザーザー雨に?
わさび平ではどしゃ降りに変わりました。
そんなわけで写真がないんです。
双六小屋までは雨が小降りになったと思ったら、急にゲリラ豪雨のような大雨の繰り返し・・・

ひたすら登っていくので寒くななくレインウエアの中汗でびっしょり

今回は着替えなく目的の双六小屋まで行ってしまいましたが、濡れた衣服が体温を奪ってしまうということで
こまめに着替えが必要でした。

当初は天気が良ければここも通り過ぎて三俣蓮華まで行く予定でしたが、とても行く気にならずここでテント設営

13時半でテントの中で雨宿りになりました。
ザックの中はびしょ濡れでビニール袋に入れた着替えだけ乾いていますがほとんどのものがぬれてしまいました。
こまめに、ジップロックや袋に入れて置けばよかったと後悔。

また、ダウンジャケットも持っていきましたがアウターはなし、レインウエアはびしょ濡れでしたので
ダウンだけではテントの中でも寒く寝袋に包まりながら、ゴロゴロしていました。

トレーナもなく、寒すぎるので双六小屋にて長袖購入
トイレに行くたびに傘をかぶっていくもののびしょ濡れでテントに戻るの繰り返しでした。

濡れた衣類は小屋泊の方たち専用ですからテント泊の人たちは利用できません、必要以上に着替えはテント泊は必要と実感しました。
P1130155_R.jpg

この日、雨の止むのを待っていましたが全くやまず19時に就寝して朝を待ちました・・・


P1130162_R.jpg

テントを撤収中も雨は降っていたので今回は鷲羽岳までの登山は断念して帰路に就くことにしました。

すべて撤収して帰路に向かおうと思うと、雲が切れ始めで山々が見えるように
鷲羽岳も一瞬顔を出してくれましたので、三俣まで2時間ちょっとですから向かうことにしてみましたが、途中でまた天候悪化
やっぱり引き返すことに・・・
今着ている衣類以外はもう、濡れたウェアしか無くなってしまいましたので戻ります。
P1130164_R.jpg

帰り道もこんな感じで、ガスの中・・・

P1130165_R.jpg

振り返ると、天気が回復しそうな兆しです。
ここで何度も、戻るか悩みましたが帰ることにして
双六から弓折りまでの1じかんほどは雨も小降りになったので植物の撮影をしました。

P1130167_R.jpg

この先を上り切った2600m付近にたくさんの花が咲いているのは登りで確認しています。
登りでは雨脚がひどく撮れる状態ではありませんでしたので帰りはゆっくりと撮影しながら・・・
P1130169_R.jpg

トリカブト

綺麗な紫青の色です。
P1130170_R.jpg

アザミ
P1130176_R.jpg

これは何だかわからないけどきれいでした。
花火みたいでしたね。
P1130184_R.jpg


雨が降っているから、きれいに見えることもありますね。
そんな感じでプラス思考です。
P1130185_R.jpg

こちらは黄色の花色とりどりの高山植物

P1130187_R.jpg

白い花もきれいです。
P1130192_R.jpg

オレンジ色のユリです。これまた目立つ色できれいに咲いていました・・・

P1130195_R.jpg
小さな花もいいもんですね。
ふんわりした、感じがたまりませんね。
P1130197_R.jpg


鏡平まで来ました。

ここで、昼食を採って大雨に??

あとはひたすら下りるだけ・・・・

P1130198_R.jpg
13時半に登山口に到着です。

駐車場に着いた時には青空が見えてきました・・・

北アルプスは、いつでも絶景を見せてくれるわけではないということが分かりました。

下界では晴れていても登っているうちに、ガスが来たり、大雨になった強風が吹いたりと
そんな今条件の日はそれほどはないということも、今回の登山でわかりました。

以前双六まで行ったときは3日とも晴れて最高に良いコンディションで歩けたことに改めて感謝です。

来年も、お盆に連休が取れれば、リベンジしたいと思いました。

詳しい山行記録はこちら

テーマ : 登山・ハイキング - ジャンル : 旅行

tag : トレッキング_北アルプス_双六小屋

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)