検索フォーム


カテゴリー


人気ページ


最新記事 & コメント


月間アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

パームサイトウ店長

Author:パームサイトウ店長
ナショナルパナソニック専門店の店長
趣味のジープ(ジムニー)と併用でブログです^^


アウトドア&フィッシング
アウトドア&フィッシング ナチュラム


友だち追加数


友達申請フォーム(FC2BLOG)


Google


Link


BlogPeople


Trackback People









まとめ
DATE: CATEGORY:日本百名山
GORYUUDAKE (39)

五竜山頂から見える景色

シルバーウィークは、日本百名山五竜岳に登ってきました。

9/20(日)21日(月)1泊二日 
気温 山頂5度
登山口20度
天気 2日とも晴れ時々曇り
装備 
 
   オスプレイ65リッター
   サブザック
   テントモンベルステラ2型
   寝袋 モンベルスパーバロウ#0
   シート
   モンベル長袖
   ファイントラック長ズボン
   ダウンジャケット
   防寒具 アウター
   レインウェアー モンベルストームクルーザー
   帽子
   プロトレック時計
   水2500cc
   美味しいワイン 750CC
   ビール 4缶
   保冷用バック 
   2日分の飲食物
   料理器具 クッキング用 コッヘル330 2個 500CC1個
   非常食   
   クマよけ鈴
   グローブ
   防水グローブ
   絆創膏  
   ロープ10M
   サングラス
   
   iphone6プラス

五竜岳に登るには大まかに3コースあります。

一番短いのは、五竜ロープーウェイにて、一気に遠見を通って 山荘まで山荘からは荷物デポして山頂ピストン
過酷なコースとしては、扇沢から鹿島槍山頂へそのまま三峰キレットを通り五竜山頂へ その後山荘から下山コース
一番の人気は

八方ロープーウェイで標高を一気に稼ぎ唐松小屋まで行き
尾根を歩いて五竜山荘まで・・・

一泊して翌朝山頂までピストン
その後は、下山

私たちも、最後の人気のコースに挑戦いたしました。
そんな五竜山頂、までの道のりとは・・・

GORYUUDAKE (1)

今回の装備です。
天気によっては3泊4日まで考えていたのでこんなに荷物が増えてしまいました。
やっぱり画さばるのはテントと寝袋 右下のナンガ300で登る予定でしたが山頂のあまりの気温の低さに
出発前にモンベル#0に変えてしまい、重量がかなり重くなってしまいました。

その分ipadはおいていきログを取らないことに・・・
iphone5でログ専用で持っていきましたが、山荘でバッテリー切れでした。

さて、仕事上がりで準備して、夜のうちに出発

早い人は前の日からシルバーウィークなので、駐車場は夜のうちに確保しないと有料になってしまいます。

運よく八方口の温泉駐車場に空きを見つけて12時に到着

八方口のローソンにて食料調達やトイレを貸してもらいました。
登山口のコンビニだけあって、皆さんは夜中でも登山の格好です。
ヘッドライトを付けて歩いてくる人たちばかり?
すげー光景をみました。

夜のうちに登り始める方も多いようですね。
仮眠をとってから、翌朝のロープウェイを待ちます。
GORYUUDAKE (2)

普段は8時近くにならないと運行しないゴンドラですがシルバーウィークは6時30分運行

GORYUUDAKE (4)

料金はこちら・・・

帰りはこちらは利用しないので。片道切符です。

GORYUUDAKE (5)

軽量秤が何か所にもあり15キロを超えると、追加料金が発生します。

P1080627_R.jpg

もちろん重量オーバーですから440円
案内の地図も一緒にもらえます。

さて、待ちに待った

P1080628_R.jpg

ゴンドラか運行始まりました・・・
P1080624_R.jpg

6時半前には大渋滞の受付

P1080629_R.jpg

今年はこの場所で63件の事故がおきています。
気を引き締めていかなくっちゃ

P1080630_R.jpg

ゴンドラで一気に標高が上がる・・・・
P1080631_R.jpg

第二リフトを降りると・・・

GORYUUDAKE (6)

白馬三山が見えた~!!

いい天気で最高ですね。
P1080632_R.jpg



続いてはリフトに乗り換えます!!
お天気最高です。




んでもって、またまたリフトに乗り換えて八方山荘まで一気に登っちゃいました・・・

そして、到着したら・・・
P1080634_R.jpg


見えました!!
今日向かう 五竜岳が見える!!
左にには鹿島槍が双峰で見える!!
どちらも日本百名山
わくわくしますね。

体力あれば、この2座を目指しますね!!

わくわくしていますが・・・・



P1080637_R.jpg



この日の登山者はこんなにも多い!!



P1080640_R.jpg
コースは2コースになっています。 階段が多いのは右コースですね。
八方池までには合流します。

P1080654_R.jpg


右手には白馬三山が見えてます。
風も全くないので、八方池の逆さ白馬に期待してますよ~

P1080649_R.jpg


左には、相変わらず五竜岳と鹿島槍
青空が気持ち良いし、風も涼しいくらいで日差しがあっても気持ちの良い時期ですね

唐松岳まで伸びる稜線をひたすら登っていきます。

P1080674_R_20150924175610ddd.jpg

八方池に到着です。

白馬はここからは見えませんが不帰の嶮の尾根がきれいに険しく見えました。

GORYUUDAKE (8)

場所を移動しようとしたら一気に雲が上がり何も見えなくなってしまいました・・・

GORYUUDAKE (7)


綺麗しか言えない・・・



P1080688_R_20150924175832e7b.jpg

場所を変えているうちにあっという間に
真っ白・・・
コーヒータイムでガスの晴れるのを待ってみました・・・

P1080690_R.jpg


結局コーヒーの飲み終わるまでに見えたのはこの程度です。

でも、先ほどきれいな景色は写真に撮れたので、後にします・・・

P1080699_R.jpg

八方より上はすでに紅葉が始まっている

P1080704_R.jpg


黄色やオレンジ赤になった景色を楽しみながら進むこと数時間

P1080706_R.jpg

扇雪渓に到着です。
P1080708_R.jpg

標高は2000mを超えてきました。
今回初のデビュー プロトレック3100です。
標高精度がめっちゃいいんですね・・・
妻のですけど…

日差しが強くても涼しい!!

P1080711_R.jpg

ここからはしばらく急登が続きます。

GORYUUDAKE (9)


白馬連山も横から見えるようになってきて・・・
紅葉もきれいになってきました
P1080717_R.jpg


登山道が綺麗
P1080729_R.jpg


どんどん標高を上げる

そして雲海も下のほうに見えてきた・・・

GORYUUDAKE (10)


ちょっと危険な感じの橋を渡っていくと?

GORYUUDAKE (11)


ようやく到着!!

唐松山荘 

目の前に!
剣岳がドーン!!
 

しばし山荘で、昼食と休憩にすることにしました。

つづく・・・

テーマ : 登山・ハイキング - ジャンル : 旅行

tag : トレッキング_北アルプス_五竜岳

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)