検索フォーム


カテゴリー


人気ページ


最新記事 & コメント


月間アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

パームサイトウ店長

Author:パームサイトウ店長
ナショナルパナソニック専門店の店長
趣味のジープ(ジムニー)と併用でブログです^^


アウトドア&フィッシング
アウトドア&フィッシング ナチュラム


友だち追加数


友達申請フォーム(FC2BLOG)


Google


Link


BlogPeople


Trackback People









まとめ
DATE: CATEGORY:日本百名山
GORYUUDAKE (41)

五竜山頂から剣岳を望む

今回は、日本百名山五竜岳に行ってきました。

登山口は八方口から唐松山荘まではこちら

唐松山荘から五竜山荘まではこちら

P1080740_R.jpg


五竜山荘では3時より登山者の皆様が出発の準備
まだまだ、真っ暗なのですがあわただしい小声も聞こえて、何度か足を踏まれました。

せっかくなので五竜岳でご来光を見ることにしました。

山荘を出るとまだ東の空がうっすら明るい程度です。
外の気温は10度くらいとは思いますが風が強くて冷たい

サブザックに飲食料をもってさっそく出発です。

気になる方は・・・

P1080743_R.jpg

5時前というのに山荘出入口は登山者でいっぱい。

肝心のデジカメは寒さのためにバッテリー切れで使えない><
ここからは スマホカメラの写真になってしまいました。

goryuu (30)

登っているうちにあたりは明るくなって、ご来光!
山頂にたどり着かないうちにこれもまたいいでしょ?

P1080751_R.jpg

五竜山頂までの道はザレが続き、滑りやすい小石がいっぱいです。
下に落ちたら間違えなくアウトですね。

goryuu (31)

日の出とともに、五竜の山頂がオレンジ色に輝き始めました。

goryuu (32)


別世界に迷い込んだしまったと錯覚します。

それにしても山頂までの道はどこを登っていくんだろう?
岩ばかりです・・・
goryuu (33)


景色に見とれて歩けるほど登山道は穏やかな場所ではなく岩をつかみ 
三点確保しながら岩場を上っていきます。

また、上にいる方が間違って岩を落としてしまう可能性もありますからヘルメットは必要ですね。

goryuu (34)


景色を見たい時には一度立ち止まって、歩かずに見てからまた進みます。

暗いうちに出発した五竜山荘があんなに小さくなって・・・
goryuu (35)

本当に危険ですので慎重に・・・
そして山頂近くまで登ると・・・

goryuu (37)


鹿島槍への分岐に出ると、一気に北アルプスの全貌を見ることができました!!


双耳峰の鹿島槍岳に向かう八峰キレットと鹿島槍その横には槍ヶ岳が小さく見えます。槍の左には穂高連峰も見える

goryuu (36)

目を右に向ければ、立山連峰がドーン 
険しい風貌の剣岳
いまだ登っていない未開の山々を初めて見ることになりました。

goryuu (40)

反対側には、日の出まじかの太陽と、はるか下には雲海が・・・
goryuu (41)

まさに絶景!!なんもいえない

goryuu (42)

妻も、景色にしばらく茫然

goryuu (43)

歩いてきた、方面

goryuu (45)

今回はここから、キレット越えで鹿島槍の縦走を考えていましたがあまりの険しさに
私たちではまだ経験不足と断念です。
見えて居る稜線をテントを背負って登れるほど甘くはなさそうです。
次回は鹿島槍単独の山頂登山をしたいですね。

goryuu (47)

ずーっとここで景色を見ていたいけどまた
この険しい道を下りなくてはならないのです。
どうしましょ?


goryuu (48)

下りでは、登ってくる登山者と半々ぐらいなのでお互いに道を譲りながら下山しました。

GORYUUDAKE (44)

無事に山荘に戻り、炊事場を借りて朝食を食べて五竜山荘を後にしました。

ルートは2つ
まだ悩んでます。

また唐松山荘に向かって山荘で一泊して次のことを考える
もう一つは、このまま遠見尾根を下って五竜スキー場まで下山する

さて!出発です。
goryuu (2)

お世話になった山荘
すごいとこに立ってますね

遠見の分岐で悩み¥白石岳山頂で考えることにしました。
goryuu (3)


昨日の歩いてきた道はこちらです。
険しいのぼりと鎖の連続です。
山荘までは3時間ほど、9時なので12時は到着できます。

富山側からは黒い雲が湧いてきています。
途中で雨になれば、さらに危険な登山道に悩み
結局、遠見から下山を選択しました。

goryuu (4)


白岳からの五竜山荘

下山前に
goryuu (5)

無事下山祈願します。
goryuu (6)

やっぱりここも危険な個所が何か所かあるようですね。
goryuu (7)

雲海に向かって下山を開始
さすがに道も細いです。
goryuu (8)
滑りやすい岩盤の道で稜線に沿って登山道が見えています。
先は雲で見えない!!
goryuu (9)


とても滑りやすいので鎖が設置されています。

goryuu (10)

平らな尾根にでれば紅葉も美しいですが、雲の中にも入ってしまいました。
goryuu (11)

振り返ると山荘は雲の中に消えていました。
goryuu (13)

歩きやすい場所もあり気持ちいい登山道もありました。
goryuu (15)

三個もの峠を越えると標高も低くなってきて青空も見えてきた。
goryuu (17)

自然に会えた

goryuu (21)

と思ったらまた雲の中に??
どこまで下りるんだろう足が疲れてきました。

goryuu (23)

ようやく、看板があり残り35分!!

目安出ました。そうなると、疲れは一気にきれここからの35分がツライ・・・

goryuu (24)

花の名前が書いてある看板に

goryuu (25)

花が咲いてたので写真を撮る余裕もでてきたところで・・・
goryuu (26)


ロープーウェイが見えてきて、下界の街並みも見えてきた!!
帰ってきたと実感した瞬間に疲れはピーク

goryuu (27)


コーラ―とアイス コーラーとアイス コーラーとアイス 呪文のように頭から離れない・・・
goryuu (28)


うめ~ 
最高でした。

goryuu (29)


ここからは一気にゴンドラで下山あっという間に標高が下がる
下界暑った!!

ここから登山口の八方口まではバスも電車も使って面倒なのでタクシーで戻りました(2,000円)

goryuu (1)

登山口の駐車場は温泉なのですが、大変な混雑で入れそうもなかったので、長野市まで戻り日帰り温泉に入って帰宅です。

2泊3日の予定でしたが、あまりの山小屋の混みように、登山をする気力がなくなり今回は不完全燃焼になりましたが、絶景の八方池、稜線歩き、山頂からの朝日のすばらしさ!
本当に、今思っても夢のような光景に感動しました。

詳しい 山行記録はこちら 

テーマ : 登山・ハイキング - ジャンル : 旅行

tag : トレッキング_北アルプス_五竜岳 トレッキング_日本百名山_五竜岳

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)