2016/07/25

日本百名山 八ヶ岳 赤岳2899m制覇

P1140221_R.jpg
日本百名山でもある八ヶ岳最高峰の赤岳に行ってきました。

自宅から八ヶ岳は意外と近いのですが、それは北に面した部分で南尾根は登山口から遠く縁遠い山でした。

7/24(日)
気温 15度
天気 晴れ
装備 ミレット30リッター

   長袖
   ファイントラック ストームゴージュ
   水1000CC
   おにぎり2個(セブンイレブン)朝食用
   タオルとティッシュ
   クマよけ鈴
   グローブ
   膝用サポーター
   サングラス
   レインウェアー モンベルストームクルーザー上  
   ダウンジャケット
   iphone6プラス(地図・ログ用)
   ログ・iphoneアプリ DIYGPS

そんな赤岳のルートとは・・・


八ヶ岳を縦走して赤岳を目指すのは最高に気持ちがよくて日数かかりますが終日した登山を楽しめそうです。

ただ、自営業の私には長期休暇などなく、何とか日帰りで帰ってる事は出来ないものか?

考え出た答えは、早朝に出発して3時間ほど走り登山口
夕方までに下山して夜遅くならない時間に帰宅

逆算した結果3時には自宅を出ることで何とかなります。

前の日に準備して、出かけたらどこにもよらずに登山口まで・・・
一度コンビニによって朝食だけは購入しました。

6時前に美濃戸の一番奥にある駐車場に到着
何度もプリウスの底を擦りながら林道を走って無事に空きがあり駐車

6時からトイレを北岳山荘で借りて出発です。
写真 2016-07-24 6 57 46_R

歩き始めると日差しが木々の間からこぼれます。
どうやら天気予報が外れたようです。

P1140173_R.jpg
八ヶ岳と言ったら苔の山です、本当に森の中にさまよっている感じ!!

緑はいいですね。

P1140175_R.jpg

ザックはなるべく軽く・・・
なぜなら、食料は山小屋で調達できますし、水もあります。
歩い2時間程度の水分をもっていくことで十分

1リッターで十分に足りました。
写真 2016-07-24 8 12 13_R
森の中を歩いて行者小屋に到着

たくさんの登山者の集まる場所です。
この時間は8時半で下山と登山の両者の交わる時間帯です。
山頂にも山小屋があるので下山者はこの時間帯

写真 2016-07-24 8 29 54_R

水場からは豊富に水が流れていて奥には本日目指す赤岳・・・
ルートは3個ほど右から阿弥陀~中岳~赤岳ルート
反時計回りで文三郎ルートで赤岳
地蔵尾根直登の地蔵の頭経由ルート

今回は、初めの予定では文三郎から赤岳に登り横岳・硫黄岳を回るつもりでしたが時間的に一番早い地蔵尾根を選択しました。

写真 2016-07-24 9 43 56_R

鎖場と下にはさっきまでいた行者小屋
かなりの傾斜で鎖と階段とはしごで登ります。

下山はこのルートはちょっと怖いですね。

写真 2016-07-24 9 45 31_R

途中はガスで何も見えなかったのですが、尾根近くで赤岳の姿が雲が切れて見え始めました。

左には、山小屋が見える、まずはあそこに行ってコーラー飲もう!!

写真 2016-07-24 9 45 48_R

高度感があります、腰が引ける・・・
写真 2016-07-24 9 47 18_R

地蔵の頭に到着あとは尾根歩きです。

P1140189_R.jpg

赤岳山頂まであと少しですが、休憩します。
山小屋の中でしばし休憩
コーラうまかった~

あとは急斜面を登れば山頂です。

あと少し・・・
P1140197_R.jpg
高山植物もたくさん咲いています。

写真 2016-07-24 10 15 47_R
尾根の左右で対照的な天気

歩いていて右側は雲海で左は全くのガスで見えない

写真 2016-07-24 10 22 59_R
高山病も出て息苦しいし頭も痛い、吐き気もしてきて少し歩くと休憩
2500m超えてくるといつも毎回そうなります。
深く息を吐いて落ち着くようにして歩きます。

写真 2016-07-24 10 30 58_R
休んで右手を見れば絶景と雲海が見えています。

写真 2016-07-24 10 42 48_R
やっと到着です、山頂山小屋には寄らずに来てしまいました。

写真 2016-07-24 10 45 35_R
日本百名山 八ヶ岳 (赤岳)2899m制覇!!

山頂は運よく晴れて青空が見えてました。

写真 2016-07-24 10 43 15_R
無事に登れたことに感謝して下山します。

写真 2016-07-24 11 08 48_R
ゴロゴロした岩場を急斜面と手と足を使って降りていく・・・
写真 2016-07-24 11 12 19_R
キレットも行ってみたいが下山します。
写真 2016-07-24 11 21 07 (1)_R
阿弥陀岳も行ってみたいが下山します。

カレーを食べたい 赤岳鉱泉にある カレーが

写真 2016-07-24 11 45 38_R
雲ももくも湧いてきました

写真 2016-07-24 11 53 52_R
長い階段の先には先ほどいた行者小屋

写真 2016-07-24 12 06 54_R
途中でシカに会いました。
写真 2016-07-24 12 08 23_R
阿弥陀岳の分岐ここから阿弥陀岳もいいですね。

写真 2016-07-24 12 16 11_R
無事に小屋に到着です。
ビール飲んでから、赤岳鉱泉に向かいます。


P1140246_R.jpg
ここから赤岳鉱泉までは苔の森です。

ほどなくして

写真 2016-07-24 12 58 10_R
山小屋着!
カレーが待っています。

写真 2016-07-24 12 59 50_R
メニューはこちらがパスタ・・・
どれもおいしそうなんだけど・・・
写真 2016-07-24 12 59 56_R

お目当てはこちら

カレーです。

今回は、ノーマルビーフカレーとマレーシアカレー

せっかくなので山小屋の食堂で靴を脱いでいただきます。

写真 2016-07-24 13 02 30_R

憧れだった赤岳鉱泉小屋

休んでいるのは山岳救助の方たち

利用者はなく貸し切りでゆっくりさせていただきました。

写真 2016-07-24 13 03 47_R
カレーが来るまでアイスをいただきました、濃厚アイス
P1140255_R.jpg

ノーマルのビーフカレーも本格的でレトルトではない^^
P1140256_R.jpg
特徴のあるマレーシアカレーはジャガイモでかい!
あっという間に食べちゃった^^

P1140271_R.jpg

長い森の道を歩いて渓流沿いに下山途中からは・・・

写真 2016-07-24 14 47 35_R
林道に出て無事に登山口へ
楽しい9時間以上の山歩きを楽しめました。

詳しい山歩き記事はこちらの山行記録とヤマレコで・・・


コメント

非公開コメント