2016/08/16

山の日 足利大坊山

DAIBOU (23)


足利にある大坊山 地元の人は大望山とも言います。

山の日には、ここ大坊山に登って、山の恩恵に感謝してきました。

DAIBOU (21)

まずはここから出発、実はここまではPあり
車で来られます。
展望台からは毛野の街を見下ろすことができる展望のスポット

登山の前に大山祇神社で登山をさせていただくとご報告
もちろん帰りももちろん登らせていただきありがとうとご報告させていただきました。

DAIBOU (19)

お神楽ができる舞台
お祭りの際はここでお神楽が見られます。
さて、登山道に向かいます。

DAIBOU (18)


登山道は基本的には急登です、つづら折りの場所もあります傾斜はきつめですが距離的には40分ほどの頑張りが必要!

夏はあまり登ってくる人もいないですが季節がよい時期はハイキングコースとしても有名で登山者がたくさん訪れます。

木々の間から自宅が見えました。

DAIBOU (17)

階段を登り切ると山頂の神社が見えてきます。

昔は、もっと盛大な神社でしたが雷で火事になりしばらく神社はなかったのですが、何年か前に作り直されました。

入口は狛犬に守られています。

DAIBOU (16)

山頂に到着!!
神社跡やたくさんの石碑が立っています。

昔は、村の者は山の神に感謝してみんなで寄付を集めて立派な建物とここに作りました。
そんな、寄付をした人達の石碑が残されています。
食べものが食べられるのもおいしいお酒が飲めるのも山の神のおかげとみんながそう思っていました。
お祭り時には村中で、お供え物や食べるものを持参して皆で祝ったそうです。
お祭りには遠く埼玉や東京の方からも来たそうです。
その当時は、行列がふもとにある鳥居まで続いたと聞きました。

その名残はいまでも、大坊山 祭りとして残っています。
さてここまで来て帰ってもいいのですが展望がいまいちなので先に進みます。

DAIBOU (15)

岩場から見える景色、あいにく曇り空ですが、街を見下ろすことができます。
きれいですよねーー
手前に見える施設は鹿島園温泉です、登山後にお風呂としてはいい場所です。
DAIBOU (12)

さて、分岐点まで来ました。
ゴルフコースを見渡すことができます・・・

ここを右に行けば大小山!
左に行けば山川の長林寺!

私のお気に入りの場所があり右に行ったつつじやまで朝食をとっていることが多いんです。

DAIBOU (11)

サラダにサンドイッチにコーヒー
ここで食べる朝食が景色も良くって風も涼しく気持ちいいんですよね!

そんな景色は
DAIBOU (4)

足利市街地を見下ろせます。
自然豊かなここ足利に住んでいて本当によかったと思える場所です。
山があり渡良瀬川がありたくさんの街並み
自然豊かな足利を本当に誇りに思える!

今年はから始まった山の日

毎年この日は自然に感謝 山に感謝 そんな休日を過ごしたいですね^^

大山祇神社

太々神楽は足利市無形文化財

天養2年(1145)東の空に彗星が現れた際、第76代近衛天皇は、国家の災害を憂い、山城国(現在の京都府南東部)の男山と賀茂の2社に行幸され、臨祭を行われた。
2社の別当は敬神の念厚く、神徳を仰いで、国家の災害救助を常に祈願。
久安年間(約850年前)に当山の神社を大沼田村大坊山山頂に建立した。
主祭神は大山祇命で国家安全、五穀豊穣などを祈願した。明治40年、神饌幣帛料供進社に指定された。
昭和10年に老若男女延べ2千数百人の勤労奉仕によって立派な社殿が完成したが、昭和40年に落雷で全焼してしまった。
昭和44年、大坊山の桧を勤労奉仕により伐採、運搬製材を行い、多額の浄財によって、大坊山の中腹に社殿と参道が完成した。
大山祇神社の神楽奉納の起源は、文政年間(1818~1830)奉納の絵馬や、神社別当を務めた飯塚家に伝わる天保年間(1830~1844)の文書から、江戸末期には既に奉納されていたことが分かる。
春祭り・秋祭りには、毛野大坊山ハイキング大会も開かれる。

栃木県神社庁より

コメント

非公開コメント