2016/09/16

パナソニックディーガ XW300電源が入らない

以前も記事にしていたブルーレイレコーダーが途中で電源が落ちる
この記事はこちら

今回はお電話で広島の方からご依頼を承りました。

ただ、あまりにも小さな部品ですのでちゃんと修理できるかが、長年修理をしている私でも自信がなく
修理をお受けするか悩んでいました、依頼主の方がどうしても修理したい理由というものがあり。

ブルーレイに思い出の動画である、生前の母親の映像があるということでどうしてもその動画が手に入れたい
ディスクダビングしたいとのことでしたのでお受けいたしました。

そんな、電源が切れてしまうブルーレイの修理とは・・・


wx300 (24)

HDDを取り外してからほこりがすごいのできれいに掃除します。
wx300 (23)
コネクターを抜けるところ抜きます。
wx300 (22)
全面パネルはツメで引っかかっています
wx300 (21)
底面は三か所

wx300 (20)
センター裏側にもツメがありますのでこれで外して・・・

wx300 (19)

表示管の上の部分をねじ2か所で取り外し・・・
wx300 (18)

上に持ち上げて取れます。

wx300 (17)
電源基板のねじのマークをすべて外します。

wx300 (16)
すべてのコネクターをはずし

wx300 (15)
裏面のねじもすべて取り外して裏面を少し後ろにずらしながら電源基板を外します。
wx300 (13)

問題のIP7501 こちらが悪いのかの判断は・・・

wx300 (12)
正常なIP7502のICプロテクターは導通ありの0Ω

wx300 (11)
ダメになってしまったIP7501は23MΩ抵抗あり・・・

wx300 (10)
200円の部品ですが・・・

wx300 (9)
ICプロテクターjこの中に入っています。
wx300 (8)

今ついているICプロテクターをはんだで取り外します。

楊枝の先ほどの部品

wx300 (7)

新しい部品をここに取り付けます。
まだ、梱包されていますのでピンセットを使ってシールをはがし
wx300 (5)
文字の位置を確認しながら基板の持ってきます。

この時点で一度落としてしまって、紛失しました。
数日後今一度部品が入荷して・・・
続きです。
wx300 (4)
Gの向きを合わせてピンセットで基板の上に押さえておきながら、はんだを少しだけ盛ります。

wx300 (3)

虫眼鏡で今一度確認
wx300 (2)


テスターで両端を測定してしっかり導通を確認

元に戻して電源を入れると・・・・

wx300 (1)

ちゃんと電源が入りました。

無事に完了です。

大切は家族の思い出が見ることができるようになりました。
本当によかった・・・

ブルーレイも機会ですからいつかは寿命が訪れて、中にあるデータをコピーできなくなる可能性がありますから

HDDに入れると同時に大切な思い出の画像はバックアップしておくことをおすすめします。


またメーカでも修理対応しています、10,000円前後・・・

長年,ICの交換ではんだを使っていたので経験が役に立ちました。

ほぼ、技術料になりますね。

コメント

非公開コメント