2017/02/21

iPhone6+ でハイレゾ音源をヘッドホンで聞くには・・・ 

以前、音楽をハイレゾ音源で聴くためには?

ということで、記事をアップしたことがあります。

音楽を高音質で聴きたいという方、長い説明ですがわかりやすくアップしたと思います。

ハイレゾ音楽を聴くためには記事はこちら

今回はiPhone6でハイレゾ音楽を聴くためにはということで商品のご紹介です。

iPhoneのようなIOSスマホアプリでハイレゾ聴くアプリは、いくつもありますが現在は主流になっているとしたら
NePLAYERこちらで再生しているという方が多いんじゃないのかな?
とりあえずは再生してみましょう!
haire.jpg


ちなみに、ハイレゾ音源でもiPhoneでの音源は96kHzであってもヘッドホンまたは外部出力での音源は48Khzまでの音質で再生されてしまいます、西野カナのハイレゾ音源音楽もきれいな音で鳴らしきれていないということになります。

同じく、192kHzやも384kHzのような高音質で大容量な音源もすべて48kHz音質
つまり、iPhone本体の再生能力では48kHzの音質までということになります。


高音質の音楽をせっかくならスマホでも聴きたいとなるどのようにしたらいいのでしょうか?


気になる方は・・・



とどこまで高音質再生できるDAC搭載のヘッドホンアンプが必要です。

性能によって3,000円程度の安いものから何十万もする高価なものまであります。

お手軽に再生できるものから本格的なものまで
私の場合は手軽に再生可能な
hairezo (4)


こちらにしました、iPhone/iPad/iPodに特化した192kHzまで再生可能なDAC内臓のヘッドホンアップ

こちらを使用します。

hairezo (3)

いつも充電に使用しているlightingコネクタに差込みヘッドホンアンプ経由にハイレゾ対応のヘッドホン
こちらはiPad2に接続した例です。 iPhoneでは、写真が取れなかったのでこちらにつなぎましたが、仕組みは同じです。
 

これで、先ほどの西野カナのアルバムを見てみましょう!!

hairezo (1)


音源は96kHzですが、アプリの設定でアップサンプリングしてあるので
出力周波数は192kHzで出ています。

ハイレゾ購入時が96kHzでの音質を購入したので実際には高音質で出力できるのに音質最高音質の半分になっています。

購入する音質を揃えるか?
それとも、ほどほどのハイレゾ音源で十分なので安い機器で揃えるかは悩むところですね。

もちろんステレオなどにつないで高音質で楽しみたいならそれなりの性能の良いDACが必要ですからバランスで考えて見ましょう。

初めてのハイレゾそんな方なら
こちらのiphone専用のヘッドホンアンプで音を効き比べてみるのが良いと思います。
hairezo (6)

hairezo (5)

今回のアンプはこちら

LogitecのiPhone用のLHP-AHR192GD

もちろん、ヘッドホンアンプですから、音質は普通の音楽を聴いても変わりますよ^^

ハイレゾ音楽はデータ容量がかなり大きいので、専用にスマホを音楽専用に取り込んだりするのが良いかもしれませんね。

以前のハイレゾ対応パナソニックヘッドホン HD10の記事はこちら

コメント

非公開コメント