FC2ブログ

店長の日記2

ARTICLE PAGE

日光 雲竜渓谷 見事な氷瀑 2018

unnryu.jpg

今年で5年目になる雲竜渓谷 氷瀑

なぜ毎年行くのか?
栃木県民ならこの期間限定の絶景をぜひ見たい!
また見たいとなる景色
見たことない人に見せたい!
そんな場所です。
なので今回は、はじめての雲竜を2名ご招待

冬の雲竜に行くためにはいくつかの装備が必要なのですが、私のもの妻のもの予備装備があるのでそちらをつけて行ってもらいました。

そんな雲竜氷瀑とは?

unnryu2018 (1)
登山口は日光でも有名な神橋

そこから東照宮を横に見て川沿いに進み、林道を登っていきます。

今の時期は、日光市街地は雪もありませんが、林道に入るとアイスバーンのガチガチの道ですので、夏タイヤでは無理です。
unnryu2018 (2)
ここが登山口、早い時間に来れば4駆またはチェーンの車でしたらここからスタート

林道は左ですが、今年は通行止めで右側の川沿いを進むコースがハイキングコースとなっていました。

道は氷の道ですのでチェーーンスパイクシューズかアイゼンがいいと思います。
登山靴でも歩けますが、かなり滑るので緊張します。

登山口から歩くこと3時間で
unnryu2018 (5)

雲竜渓谷
友知らずが氷柱のカーテンになってお出迎え!
unnryu2018 (6)


淡いブルーのいろがきれいです、雪が解けて表面がつるつるなのできれいに見えました。
unnryu2018 (3)
そして雲竜漠

今年は寒波のおかげで大きく育っていました。

unnryu2018 (4)
気持ちいいので、記念撮影を

気温はこの時間でも-5度くらいはあったと思います。
缶ビールは凍りませんでしたが雪の上に置くとくっついて取れなくなります。
ペットボトルの水はシャーベットに

カップ麺を食べましたが手がかじかんでうまく手が動かない

それほど寒いんですね。
unnryu2018 (8)
見事な滝を見ていたかったですが寒い!!

お昼を食べて撤退ですね。

詳しいルートや写真はこちらから

スポンサーサイト



コメント 0

コメントを書く