FC2ブログ

店長の日記2

ARTICLE PAGE

ナショナル 冷蔵庫 NR-E382U 氷ができない

NR-E382U (19)
こちらの冷蔵庫
もう14年目になりますが、製氷できないということ
早速点検
点検方法と修理とは・・・・



NR-E382U (20)
この機種は製氷テストはここの操作パネルにて確認
製氷室の引き出しを取り出す

急凍/速氷 ボタンを長く押し続けます。

点検モードに入るのでここで 決定ボタンを押します。

製氷皿をみていると、回転を始まます。
回転しないときははモーターまたは製氷皿もしくは製氷皿の固定フレームの三点セット交換

ちゃんと回転しているのですがこの後給水ポンプが水を吸い上げるのですが、水が減らない
音がしなければポンプ、音がしているのに水が減らないときは、インジェクトチューブの凍結

今回はインジェクトチューブの凍結のようです。

野菜室を外します。

NR-E382U (18)

向かって左にインジェクトチューブが入っているのですが、ここが写真のように凍り付いています。

NR-E382U (17)

NR-E382U (16)

必要な部品と価格はこちらです。
NR-E382U (14)
NR-E382U (4)


交換手順書が入っています。
382.jpg

まずはこの氷を溶かすことから始めます。

この作業は時間がかかります。
途中でマイナスドライバーとハンマーで砕いてとってもいいのですが傷つけないように注意が必要
じっくり溶かすほうが得策です。

NR-E382U (15)

溶けたら、カバーを外して中の氷も解凍します。
ここが凍って水が流れないのが原因
冷気がここに入りこんでkしまうのも原因です。

NR-E382U (13)

解凍終了
きれいにふき取り水分を取り除きます。

NR-E382U (12)

今度は、給水タンクを外してポンプを取り外します。
NR-E382U (11)

こんな感じです。



NR-E382U (9)
ポンプのコネクタを外し
NR-E382U (10)
インジェクトチューブのヒーターコネクタを取り外し

NR-E382U (8)
野菜室からインジェクトチューブを取り出します。

あとは逆の方法をとります。
NR-E382U (7)
チューブを取り換える前に
フォームアルミセットを張り付けていきます。

これが厄介でして、粘着力が強い
間違ってくっつけてしまうと剥がれない!
NR-E382U (6)

手順書通りに貼り付けて
NR-E382U (3)
冷気が入らないに断熱材を張り付けて終了!
NR-E382U (2)
野菜室の上の部にも断熱材を張り付けるために取り外し

NR-E382U (1)

張り付け終了

あとは、インジェクトチューブのヒーターを常時通電の配線を行って元に戻す

無事に氷ができるようになりました。
インジェクトチューブの交換はそれほど大変ではありませんが、フォームアルミセットを張り付ける作業とコネクタを常時通電にするための作業が厄介です。

あと2~3年で新品に買い替え予定ですがとりあえず間に合わせの修理となりました。

応急処置としては、インジェクトチューブ解凍を行えば氷ができるようにはなりますが、また再発すると思いますのでこの2部品交換が得策ですね。
スポンサーサイト



パナソニック修理_冷蔵庫_製氷できない

コメント 0

コメントを書く