FC2ブログ

店長の日記2

ARTICLE PAGE

蓬山ログビレッジ~黒坂石バンガローテント村まで開通

蓬山線沢入線 (16)_R
沢入とかいてソウリと読みます。

渡良瀬渓谷沢入駅 私の愛車 リトルカブにてゴールデンウィーク最終日ソロツーリングしてきました!

そんな、沢入までは待ちに待っていた蓬山から林道を通り抜けられるようになりました。

今回は初めてこの林道を峠越えしてきました。
気になる方は続きを読むで・・・
蓬山線沢入線 (1)_R
まずは自宅を出て飛駒を目指します。

トイレ休憩に根古屋森林公園へ鯉のぼりが5月6日ですが青空に泳いておりました!!

蓬山線沢入線 (2)_R
根古屋森林公園は私のお気に入りの場所で、おいしいお蕎麦を食べることができて
夏はキャンプサイトもあります。
また、バンガローもあるので、みなさんと緑の中でBBQを楽しむのも良い場所ですね。


蓬山線沢入線 (3)_R
そして、蓬山ログビレッジへ

ここでも、鯉のぼりがたくさん泳いでいました。
蓬山ログビレッジは、子供たちが水遊びができる多数のアスレチックスがあり、楽しんでいました。

こちらは テントサイトはありませんがバンガローがあります。日帰りBBQが人気の場所です・・・

また 檜風呂のきれいな日帰り温泉・おいしいお蕎麦がいただける場所でもありここの土地の名産品を購入できる場所です。

蓬山線沢入線 (4)_R

ここで、林道に入るのですが問題発生!
満タンだと思って走って来たのですが、ガソリンがちょっと不安
林道にはスタンドはもちろん無く、この後峠越えした草木ダム方面のスタンドがやっているとは限りません。
いったんここで給油に行きました。
蓬山線沢入線 (5)_R

田沼のインターチェンジ近くにようやくスタンド発見
何と16キロ先までスタンドがなかったガソリンはしっかり満タンなのを確認しなかったのが悪かったですね
仕切り直しでもう一度蓬山ログビレッジ
蓬山線沢入線 (6)_R
ここから峠の山頂までなら何度も登山で使わせてもらっています。
いままではその先はフェンスがかかっていて進入禁止でした。
蓬山線沢入線 (7)_R
新緑がまぶしい自然豊かな景色に感動します。
車でもこの景色が見られるなんてい今までは歩いてこなければ見られなかった景色ですね。

蓬山線沢入線 (8)_R
登り坂はかなり急です。
リトルカブでは20キロも出ません。
舗装路は新しく走りやすいですが、道幅が狭くところどころに落石
対向車にも注意ですね。
蓬山線沢入線 (9)_R

山頂付近はつつじがきれいに咲き始めたところでした。
蓬山線沢入線 (10)_R

林道工事をしてくれていました。
毎日大変だと思います。
休日はお休みのようですね、平日はダンプも通るのですれ違いがとっても怖いですよ。
蓬山線沢入線 (11)_R
山沿いは山つつじがきれい!!

蓬山線沢入線 (12)_R
峠に到着!!
登山者の駐車場ともなっているのでたくさんの車が停まっていました。
蓬山線沢入線 (13)_R
山を越えれば袈裟丸山や男体山など栃木の代表する山々を一望できます。

また、登山に人気の熊高山や信仰の深い氷室山にも気軽に急な登りもなく楽しめる良いハイキングコースです。
蓬山線沢入線 (14)_R
急斜面を群馬県側に降りて行くと神社が現れてようやく林道も終わります。

蓬山線沢入線 (15)_R

黒坂石バンガローもGW最終日の午後でようやく 利用者も帰宅したんでしょうね。
お掃除していました。

ここから4キロで122号に出ます。
先に進んでみましょう!
蓬山線沢入線 (16)_R


人家が合出てきて駅に到着!!
何駅かな?

沢入駅?
どうやら、草木ダムのさらに足尾よりに出たようです。
蓬山線沢入線 (17)_R
渋い駅ですね?

風情かおる~~
蓬山線沢入線 (18)_R
122まで行ってみました。
ちょうど袈裟丸の登山口の場所に出るんですね。

ここから、袈裟丸山の折場登山口や超えて大滝まで進むのも林道好きにはたまらないコースです。

カブではガソリンの心配もあるのでどこかで給油してからですね?

渡良瀬渓谷では子供たちが水遊びしていました。

そんな景色を見ていると踏切が鳴り出して・・・
蓬山線沢入線 (19)_R

沢入駅に電車が到着
この渡良瀬渓谷鉄道はのんびりと自然を楽しみながら電車旅ができる最高の路線だと感じました。

帰りは同じ道を戻り帰宅!!
新緑と山の景色美しい渓谷をみて一日充実したバイクツーリングとなりました。
スポンサーサイト



コメント 0

コメントを書く