FC2ブログ

店長の日記2

ARTICLE PAGE

赤城温泉 湯之沢館

久しぶりの赤城ドライブでふと休憩したくなり

赤城温泉 湯之沢館へ立ち寄りました。
時刻は14時 ちょうどお風呂に入る方も少ない時間帯ですが、早速行ってみましょう!

AKAGIONNSEN (1)

というのも、私まだ赤城温泉でにごりゆの宿赤城温泉館のお風呂に入ったことがないんです。

初めは、そちらに行こうと思い立ち寄りました。

AKAGIONNSEN (10)
きつい下り坂を降りきったところがロビーなのですが、残念本日の業務は終了

日帰り温泉はやっていないのかな?

気を取り直していつもの湯之沢館へ

そんな湯之沢館とは・・・
AKAGIONNSEN (9)
奥まったみちを下っていくと玄関があります、その手前に日帰り入浴の案内がありました。
午後4時まではやってますからまだ2時間あります。
昔は瀬音露天風呂は混浴でしたが、現在では男性風呂に変わっていました。

早速、入ってみることに・・・

AKAGIONNSEN (8)
長いくだり階段を降りきると入り口です。

駐車場からは3分程度でしょうか?

AKAGIONNSEN (7)
この日は日曜であるにもかかわらず貸し切り
男性で入っている人は一人もいませんでした。

AKAGIONNSEN (6)
川のせせらぎが大きいと思えば露天風呂の先には滝が流れています。

AKAGIONNSEN (5)
洗い場は小さいのですが、ここの温泉は成分がとってもいい!

AKAGIONNSEN (4)

源泉から流れる温泉は石の色がきれいななほど変色しています。
こちらの温泉の温度は42・3度ってところでしょうか?
入浴するときに少しアツイアツイをいいながら入りましたが慣れれば、ちょうどいい感じで体があたたまり

5分も入らないでも汗がじわっと流れてきます。
なんとも気持ちの良いお湯なんです。

硫黄の香りなどはほとんどなくどちらかというと、鉄分の多いしよっぱいお湯かな?

AKAGIONNSEN (2)

温泉に入ってると感じるこの色と形
こういう温泉が好きなんです。

AKAGIONNSEN (3)

山々に囲まれて滝の音を聞きながらのんびり入る温泉、もう一つのお湯はぬる湯なので30分くらいのんびりと入っていられました。

一時間を目安にということなのでお名残り惜しいですがそよ風で身体のほてりを冷まして、温泉を後にしました。

赤城に来たら、ここに立ち寄ってのんびり一時間程度お湯につかるのもいいと思いますよ!!

SEIBUN (2)

成分はこちら

SEIBUN (1)

珍現象はこちら



場所はこちら

スポンサーサイト



コメント 0

コメントを書く