FC2ブログ

店長の日記2

ARTICLE PAGE

日本百名山 男体山 登拝大祭り 

nanntqai (13)

男体山 登拝大祭りが今年も 7/31~8/7まで開催されます。

その前に体力つけのために登ってきました。

nanntqai (14)

二荒山神社にて500円を奉納してお守りをいただきます。

登拝大祭りは12時に開門しますので、たくさんの登山者が祈願のために訪れます。

私はまだ、この登拝に行ったことがない
山頂にてご来光をいつか見たいと思っています。

nanntqai (14)

山頂はあそこですがはるか遠く高く見えます。

体力と精神力が続かないと登り切れる山ではありません。
早速ここからスタート
気になる方は・・・
nanntqai (12)
歩きはじめてすぐに1合目

緑に囲まれた中を傾斜もきつく汗が出ますが登っていきます。

この日の気温は25度
少し歩いただけで大汗になりました・・・

nanntqai (11)
3合目
しばらくは舗装道路を歩きましょう!
nanntqai (10)

しばらくつづら折りの走路を歩くと4合目の鳥居に出ます
ここからが、登山の本番

ストックなどがあると傾斜もきついので少し楽かもしれません。

nanntqai (9)
きれいな花が咲いていました。

またこの時期は、アブがたくさん飛んでいますので素足の半袖は、噛みつかれる恐れがありますのでご注意を

歩いている分にはあまり寄ってきませんが、しばらく休んでいるうちに3~6匹くらいが周りを飛び回り がぶりとやられました。
nanntqai (8)


振り返ればかなり標高稼ぎました。

中禅寺湖も見え、雲の上に出ていました。
nanntqai (7)

8合目、途中には  5合目と7合目8合目の3個の避難用山小屋があります。

nanntqai (6)

休憩もいれて4時間で山頂に到着
初めからハイペースで登ってしまうと最後まで体力が続きませんし下山の体力もなくなってしまうのでペース配分は自分の体力に合わせてゆっくり過ぎるくらいで登り切ることをお勧めします。
nanntqai (5)


大刀でガッツポーズ

nanntqai (4)
記念碑ですか?
よくわからないけど立派な石碑でした。
nanntqai (3)
男体山は新興深い山であり、山頂からの景色、銅像など たくさんの神が祭られている場所です。

家庭円満の神

家族で登ってみるとその意味が分かる場所であります。
nanntqai (1)

中禅寺湖を見下ろして、栃木、群馬、福島の山々を見渡した私には自然豊かなこの地球は皆で大切にしなくてはいけないと思わされた場所でもありました。

今年の男体山登拝大祭りのHPはこちら

詳しい山行はこちら

スポンサーサイト



コメント 0

コメントを書く