FC2ブログ

店長の日記2

ARTICLE PAGE

パナソニック 有機ELテレビの壁掛け FZ1000

fz1000 (2)

今回のお客様は有機ELテレビを壁掛けにして、キッチンでも見やすいようにしてもらいたいということで壁掛けテレビ設置してきました。

壁掛け方法とは?
壁掛けテレビにするには数点か問題があります。

しっかりした強度が保てる下地があるのか?
アンテナと電源の配線が近くにあるのか?
インターネット環境はWifiが完備されているのか?
有線LANが必要か?

などなど

順を追って説明します。
まずは壁掛け位置と取り付け寸法と強度

今回の場合は・・・・
fz1000 (1)


問題になったのはドアホンカメラの位置が壁掛けで当たってしまうこと・・・

少し左にずらす必要がありドアホンを取り外しました。
壁中にある配線は位置をずらすとコードが足りないので、延長しました。

ちょうどスイッチのプレートがあったので同じ場所の違う高さに取り付けることにしました。
のこぎりで壁にドアホンの配線が出るように穴を開けます。
その後中側にボックスを入れて柱にねじで固定します。

テレビの裏になる今まで設置したあった、穴は目くらにして隠します。

fz1000 (3)


こんな感じですね。
しっかりとした下地は下地を見つける道具でしっかりと見つけて大き目なねじで固定

この後6カ所ほど補強をしてから、ねじ止めしました。
fz1000 (4)

壁掛け金具にはテレビに固定する金具は入っていなく、FZ1000には、床起きタイプの金具と壁掛け金具の両方が同梱さてれいました。

取り付け方法は、壁掛け金具にはなく、テレビの説明書の後ろのほうに取り付け方法が記載されていました。

一番の問題はここにはアンテナ線の入力がなかったことと、YOUTUBEなど、インターネット回線のものを使用した場合無線LANでの速度損失を考えて、アンテナ線と無線LAN を配線することに

4号タイプのモールにアンテナ線5Cタイプを2本LANケーブルを2本入れて配線

有線LANは現時点では必要がなかったのですが、後々 ネット環境が必要なものが増えた場合のため(ゲーム機など)
配線しておきました。


FZ1000.jpg

YOUTUBEにて4K動画を視聴してみました!

やっぱりきれいですね、また、今までテレビ台として使用していたものの上には物が置けるようになったのでいろいろな使い方ができると思います。

テレビ台と有機ELテレビ間の配線は壁中配線のほうが見た目がすっきりと良いのですがあとあとのメンテ時
モールで隠してあるほうがやりやすいのでモールとを使用させていただきました。

リビングがまた一回り大きなテレビに変わり、見やすく鮮明画質になってお客様も喜んでいただけました。

スポンサーサイト



コメント 0

コメントを書く