2006/04/18

ナショナル ななめドラム洗濯機 V82の設置方法

本日は、洗濯機の設置方法についてアップします。
今回、納品に行った機種はななめドラム洗濯機 NA-V82です。
早速古い洗濯機を取り外しました。
しかし、ここで問題が!!発生しました。
P1020721.jpg

現在の排水口が真下の排水になります。
このまま、排水を設置してしまうと脱水時にモーターに配水管が当たり水漏れの原因になってしまいます。

P1020724.jpg

この場合は、真下配管ユニットを使用しなくては後々のトラブルのもとになります。
真下配管ユニットは写真のようなものになっています。
これで排水の問題は解決です。
P1020725.jpg

無事洗濯機を設置して完了!!と思いましたがまたまた問題発生!!

P1020723.jpg

今度は給水の水道部分からの水漏れが発生!!こちらは水道の蛇口の出口部が腐食していまして、ねじを締めたときにヒビか入ってしまったようです。これではもう交換するしかないので新しいものと交換しました。
今までの経験から水道の蛇口が白い粉を吹いていたり、反転のような腐食がある場合はほとんどすいどうのこうかんが必要です。
水道の内側から腐食が始まり早いもので5年から水漏れの原因になることもあります。
P1020727.jpg

洗濯機の交換時には必要なアイティムとして、水道の交換はぜひとも交換してほしいものです。気がついたときに水漏れしていたら床も腐らせてしまい。以前の洗濯機納品の事例のような床の張替え!!までしなくてはならなくなりますよ。
機会があるときに洗濯機の給水接続と排水の接続の方法を丁寧に説明していきたいと思います。
これがわかると引越しなどの時には大変に便利になります。
当店に修理以来がある洗濯機の一番の問題は水漏れですので・・・

コメント

非公開コメント